参加国の増加で緩い試合が増えてしまっているEURO2016

昨日でユーロもグループリーグが終了し、KOラウンドに進出するチーム及びその組み合わせが決まった。しかし今大会はやはりグループリーグの試合はどうも緊張感があまりないヌルい試合が多かった印象がある。これはもう間違いなく、16カ国から24カ国に参加国が増えた為であろう。

もともと32カ国参加のW杯に比べ16国参加のEUROはグループリーグから強豪国同士の本気の対決が見られるのに加え、グループリーグで当たった強豪2カ国がしばしば決勝で再戦したりするのもW杯にはない醍醐味であった。例えば前回はグループリーグから既にイタリア対スペインの対決があり、この2カ国は決勝で再び対戦している。ドイツもポルトガル、オランダ、デンマークとの同組でいずれの試合もハラハラしながら観戦したのを覚えている。

取り合えずここまでは今大会も接戦が多いので、好試合がないとは言わないし、ウェールズやアイスランドが本戦に出て活躍するのはその国の人たちにとって喜ばしいことだろう。とは言え、今回からグループリーグ3位でも上手く行けばKOラウンドに進出できる上に、大会序盤での強豪国同士の対決もなくなり、随分と緩い雰囲気になった。これまでを見る限り私はEUROは16カ国参加のフォーマットの方が楽しめた。

おまけに、今大会はKOラウンドにおいて強豪国が片方の山に固まる状況となっており、率直に言ってこれは非常に面白くない。優勝候補と目されるドイツ、フランス、スペイン、イタリア、イングランドは同じ山で、これらの国々が決勝進出をかけて潰しあうことになる一方で、反対の山はいわゆる中堅国およびそれ以下の国のみで構成されている。

私はこれらの国々が躍進する事自体に抵抗はないが、失礼ながら彼らが大会の後半にふさわしい質の高いサッカーを見せてくれるのか甚だ疑問と言わざるを得ない。唯一、決勝で観るに値しそうなサッカーをするのはクロアチアで、私は彼らが決勝に進出してくれることを強く望んでいる。

また、前評判を覆してグループリーグを1位で突破したにもかかわらず、優勝するためにはスペイン、ドイツ、フランスを立て続けに破らないといけないという酷い組み合わせになったイタリアには同情する。私は本来イタリアは好きではないが、これで優勝したなら真の勝者として賞賛されるべきだろう。

逆にイタリアに完敗して2位通過したベルギーは、あんな寄せ集めの完成度の低いチームにもかかわらず、イタリアとは比較にならないような楽な組み合わせに入っている。優勝するためには運も必要とはいえ、ここまで偏った組み合わせはどうも釈然としない。もちろんこれは誰のせいでもないので、文句を言っても仕方がないが、大会にふさわしい質の高いサッカーを見せる国々が早々に潰し合うのは残念というのが率直な感想である。

にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ