ドイツで最も不当な評価を受けてきたストライカー、マリオ・ゴメス

日本では元FCバイエルン、そしてドイツ代表のストライカーであったマリオ・ゴメスの名を聞くことが少なくなって久しいのではないか。しかし、ゴメスはベテランとなった現在でも依然としてドイツを代表するストライカーであり、現代ドイツでは希少種となったクラシックな大型FWでもある。そして私から言わせれば、このゴメスこそ、その実力に反してドイツで最も不当な評価を受けてきたストライカーだ。

1985年生まれのゴメスはシュトゥットガルトでプロとしてのキャリアをスタートし、2007年に若干21歳でドイツ代表にデビューした。2000年代ドイツ最高のストライカーは実績と貢献度から言えばミロスラフ・クローゼであることに議論の余地はない。しかし、純粋にストライカーとしての才能、実力から言えばゴメスはクローゼを凌駕していた。189㎝の長身で屈強な体格、頭、両足でのシュートの精度は高く、足も速かったのでカウンターからも得点できる、歴代でも屈指のポテンシャルを秘めていた。

またゴメスはFCバイエルンで174試合に出場し113得点を記録している。これはあの伝説のストライカー、ゲルト・ミュラーに次ぐ決定率だ。その実力は決してフロックではない。しかし、このゴメスは事あるごとに”Chancentot”=「チャンス殺し」のレッテルを貼られ、ファンからブーイングを浴び続けてきた。

このゴメスの評価を決定づけてしまったのが、22歳で出場したEURO2008だろう。この大会、もはやクローゼに代わる新しいドイツのエースのなるとさえ言われたゴメスの出来は散々だった。グループリーグの3試合こそスタメンで出場したが、全く良いところがなく無得点に終わりその後はスタメンを外された。

特に第3戦のオーストリア戦でゴール正面2mという至近距離からのシュートを外したことは、後々までゴメスが「チャンス殺し」のレッテルを貼られる原点になった、いわば伝説的な場面と言ってよい。これは2006年W杯で日本代表の柳沢の”QBK”とほぼ同様なレベルのミスだ。ただゴメスの場合はより至近距離ながら、アシストとなるグラウンダーのパスが若干イレギュラーして跳ねたのでやや不運だった。

その後、FCバイエルンに移籍し活躍したゴメスだが、そのポテンシャルから言えばどうも煮え切らない感が否めない。2010年のW杯はFCバイエルンででゴメスの控えに甘んじていたクローゼが逆にゴメスを差し置いてスタメンで出場した。

EURO2012ではついに開幕からスタメンで出場し、ポルトガル戦、オランダ戦で勝利を決定づける得点を決めた。これはそれまでの本番に弱いゴメスのイメージを覆す活躍であったが、ここでもゴメスはチームメートとの連携の悪さを指摘されるという批判を浴びた。この不当な批判に結果で答えを出し、チームを優勝に導きたいゴメスだったが、KOラウンドの初戦はスタメンから外されることとなる。再びスタメンに復帰した準決勝のイタリア戦は完璧に抑え込まれ、ドイツは敗退した。

この頃からドイツは有望な若手が次々と台頭してきており、ゴメスの存在感は徐々に低下しつつあった。FCバイエルンでもスタメンの座を失いイタリアへの移籍を余儀なくされ、ドイツが優勝した2014年のW杯は怪我の為招集を見送られた。W杯直後のアルゼンチンとの親善試合でゴメスは復帰を果たしスタメン出場するが、この試合でゴメスは3度訪れた決定機を3度すべて外しファンから容赦ないブーイングを浴びせられた。これ以後暫くゴメスは代表から遠ざかることになり、ファンからも忘れられた存在になった。

にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ