世界の笑い種と化してしまった失敗プロジェクト、ベルリン新空港の建設

ベルリンには現在2つの空港がある。一つは北部に位置するテーゲル、もう一つはシェーネフェルドと呼ばれ南部に位置する。このうちのシェーネフェルドを拡張して、ベルリンに1つの巨大な新空港を完成させるプロジェクトが長年にわたり計画され、2006年に工事がスタートした。この新空港はベルリン・ブランデンブルク国際空港と名付けられ、愛称としてかつての西ドイツ首相ヴィリー・ブラントの名を冠することが決定している。

しかし、本来2012年になる予定だった新空港の開港は幾度も延期され、工事開始から12年が経った現在でも未だに完了していない。そうこうするうちに当初20億ユーロだった建設費用も現在では約70億に膨れ上がる見通しとなり、建設上の問題の数々が浮き彫りになった。ドイツの首都にヨーロッパで最も近代的な空港の建設すべく意気揚々とスタートしたこの巨大プロジェクトだったが、現在ではドイツ最大の失敗プロジェクトとして認知され、完全な世界の笑い種と化してしまっている。

このベルリン新空港の建設における具体的な失敗の数々は今となっては列挙に暇がないが、その中でも最も公になっているのが自動ドアの問題だ。このベルリン新空港にはおよそ1400個の自動ドアが設置されているといわれており、これらが正しく作動しなかったことがまず2012年の開港を断念した最大の要因となった。しかし、この問題の解決には相当手こずり、その後もこの問題が原因で開港を断念した。

何故自動ドア如きでそんなに何年も手こずったかと言えば、この自動ドアには極めて複雑なプログラムがインプットされていたらしく、具体的には数々の不意の事故や緊急事態が起こった場合でも、ドアがすべて自動で適切に反応するべく設計されており、そのパターンは140にも上ると言われている。

しかし、この複雑な仕様の自動ドアを機能させる上で、そもそも設計の時点で間違っていたことが判明し、多くの電力供給の配線をやり直さなければならなくなった。つまり建物の中の壁を再び取り壊し、ドアも新たな工事で破損するなどして取り換えなどの必要が生じる羽目となった。要するにほとんど最初からやり直しという事だろう。更に異様に複雑な仕様のために、何度も動作確認を個別にする必要があったらしい。この問題は今年に入ってようやくほぼ解決したとのニュースを読んだ。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ