2006年のドイツ代表はチームの危機に際してどのように対応したか

日本代表の監督であるハリルホジッチが電撃的に解任された。この誰もが驚きをもって受け止めた解任劇の舞台裏は知る由もない。しかし日本サッカー協会の「選手との信頼関係に問題があった」とのコメントから、やはり監督と選手の間に多かれ少なかれの不協和音があったと考えるのが取り合えず妥当であろう。誰もが組織の人間としてプロフェッショナルな振る舞いをしようと務めても、監督も選手もエゴや感情、自らの考えをもった人間である以上、意見の衝突や人間関係上の摩擦があってもおかしくない。むしろ普通だろう。

勿論、そういった不協和音がメディアを通じて外部に漏れる状態は極めて良くないが、こういった問題は言ってみればどこにでもある。それはビッグトーナメントで常に安定した結果を残し続けてきているドイツ代表でも例外ではない。私の知っている限りでもこれまで度々監督と選手の不協和音がメディアを通じて外部に漏れてきた。ドイツ代表はそのようなトラブルに対し、どのような対応をしたのか振り返ってみる。

まず紹介したいのは2006年の自国W杯に臨むドイツ代表の選考に漏れたクリスティアン・ヴェアンスと当時の監督であるユルゲン・クリンスマンとの衝突、そしてその後の危機である。当時34歳のベテランであるヴェアンスは1990年代終盤から2000年代初めにかけての代表の常連であり、代表66キャップを誇る屈強なDFであった。所属するドルトムントでも依然として主力として働いており、マンマークをさせればドイツ最強という揺ぎ無い評価を得ていた。

しかし、当時の監督のクリンスマンはヴェアンスを代表に招集せず、メルテザッカー、フート、メッツェルダーと言った若手を常に招集した。このうちフートとメッツェルダーは所属するクラブでベンチを温めていただけでなく、とりわけメッツェルダーはヴェアンスと同じドルトムントに所属しており、つまりクラブではヴェアンスの控えだった。

この選考に納得のいかないヴェアンスは当時メディアを通じてクリンスマンを”link”=「いかがわしい」、”unehrlich”=「不誠実」と痛烈に非難した。クリンスマンはまずクラブでの活躍が選考に際する最も重要な基準だと述べていたからだ。

しかし、このヴェアンスの発言に激怒したクリンスマンは監督の権限を行使してヴェアンスをすぐさま代表から永久追放した。W杯本番3ヶ月前、極めて重要なテストマッチであるイタリア戦を前にしての騒動であった。しかし、危機がこれで過ぎ去ったわけではなかった。

にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ