W杯を心待ちにする国民の逆鱗に触れてしまったメスト・エジルとイルカイ・ギュンドアン

メスト・エジルとイルカイ・ギュンドアン、ドイツサッカーファンならこの名前を知らない者はいないだろう。両者とも既に世界トップクラスの実力の持ち主として世界にその名を知らしめており、6月に開幕するW杯では押しも押されぬドイツ代表の主力選手して出場する事が決定的になっている。この2人はもともとトルコにルーツを持つドイツ人あり、過去にトルコ代表を選択することもできたが、ドイツ代表を選択した。現在ではこの2人無しのドイツ代表は考えられないと言えるほど、重要な選手にまで成長した。

しかしこの2人、ついこの間ドイツの社会を揺るがす程の問題行為に及んでしまった。トルコ大統領のエルドアンがこの2人をロンドンで会合に招待し、そこでの和やかな写真をエルドアンの政党が公開したのだ。そこではエジルとギュンドアンが、エルドアンとともに満面の笑みでポーズをとり、それぞれのチームのユニホームを渡している。ギュンドアンに至ってはユニホームにトルコ語で「私の大統領」と敬意に満ちたメッセージを入れた。これはエルドアンの選挙活動を宣伝する行為として解釈され問題視されている。

もちろん、自らのルーツであるトルコの大統領が個人的に招待してくれる事は2人にとって名誉な事であろうし、またこの2人がどのような政治的姿勢を持っているかは自由である。何でそんな程度で大騒ぎするのか、訝しむ人もいるだろう。しかし、この行為がドイツ国民の逆鱗に触れてしまう事は、ドイツの社会を知っている者であれば直ぐに察しはつく。

まず、この2人は上記に記したようにドイツ代表の押しも押されぬ主力選手である。国を代表するとはどう言う事か、それは単に職業としてサッカーをする以上のものがある。彼らはトルコ代表の選択権がありながらドイツ代表を選択した。それは外見やルーツは関係なくとも、つまり心もドイツ人になると言う事と同意であり、ただ単にサッカーが上手い傭兵では誰も満足しない。このW杯という国家の一大イベント直前の時期に、他国大統領と会合し満面の笑みでその選挙活動のPRに勤しむような姿を見れば、一体何処の国の代表選手なのか疑問を呈さずにはいられないだろう。

まあ、それでもこれが当たり障りの無い国の大統領であれば、少々代表選手としての好感度が落ちるくらいで済むかもしれない。しかし、更に大きな問題は、これがトルコいう国であり、エルドアンというドイツにとって極めて曰く付きの政治家である事だ。このエルドアンの政治スタイルについては色々と誤解もあるかもしれないが、ドイツでは人権、言論の自由を無視した独裁的なものとされ、完全に民主主義の敵だと認識されている。

更に、エルドアンは昨年の選挙活動でドイツの事を「ナチス」「ファシスト」などと暴言を連発しており、ドイツ国民の心情を著しく害したことは想像に難くない。また、一方でこれらのドイツを敵視する発言はドイツに住みながら社会に適応しようとしないトルコ人を明らかに助長させており、ドイツ国内でも大きな社会問題と化している。つまり、エルドアンの存在はドイツにとって単に他国の独裁者というレベルを超えてドイツに身近な悪影響がある政治家とみなされており、その嫌われようはトランプ、プーチン、北の将軍を上回る最悪のものと言って良い。

にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ