ヨアヒム・レーヴによってドイツ代表を干されてしまった実力者たち

W杯も近づき各国とも既に代表候補選手が発表されているだろう。日本でもやはり代表選手の選考に関しては毎回多かれ少なかれのサプライズ、或いはドラマがある。特に実力、実績がありながら代表に招集されず涙を飲んだ選手もこれまで多く存在した。それはドイツ代表でも例外ではない。

私の印象では基本的にドイツ人はこういった時に組織のルール、ヒエラルキーを重んじてプロフェッショナルに振る舞うが、一方で納得のいかない事には徹底的に抗議する我の強い気質も備えており、大きな反骨心を示して世間に物議を醸す事もあった。ここでは、これまで実力、実績がありながら現監督のヨアヒム・レーヴによって代表から干されてしまった選手たちをいくつか紹介したいと思う。

まずは今回のロシアW杯の選考で大方の予想を覆して招集外となった、FCバイエルンのFWサンドロ・ワーグナーである。ワーグナーは昨年のコンフェデ杯でドイツ代表に初召集され、それ以降毎回代表に召集されていた。決して主力とは言えない位置付けながら、ドイツ代表はワーグナーのような長身のFWを欠いていたことから、少なくとも今回のW杯へ代表候補としての招集は間違いないと見られていた。

また、このポジションでライバルと見られたマリオ・ゴメスがあくまで中央で構えてその得点力で勝負するタイプなのに対し、ワーグナーは同じ長身ながらやや運動量が多く、オールラウンドな動きが期待できるタイプである。今年の冬にはFCバイエルンに移籍し、チャンピオンズリーグの舞台も経験した。私もこの2人の争いは、あくまでもそのプレーだけを見ればワーグナーが一日の長があると思っていたし、世間もそのように見ていたであろう。

しかし、レーヴは今回ワーグナーを招集外とし、逆に1度も代表に招集した事のないニルス・ペーターセンを入れた。これには世間も意表を突かれ、当のワーグナーも相当落胆したのは想像に難くない。しかし、余程納得の行かないワーグナーはこの選考に対しヨアヒム・レーヴを痛烈に批判し即座に代表引退を発表した。自らが今回漏れたのは、監督コーチ陣に自分の意見をはっきり直接述べるスタイルが受け入れられなかったからだと言うのである。つまり、レーヴはプレーではなく、自らに従順な選手を選んでいると暗に非難したのだ。

しかし、このワーグナーの発言にレーヴは激怒して反論した。ワーグナーの発言は長年ドイツ代表で主力として働いている選手たちを馬鹿にしており、彼らが自分の意見を言わないから代表選手に選ばれているとも解釈できるからだ。そして、この件に関して言えば世論はレーヴの味方であり、所属するFCバイエルンの監督であるハインケスや会長のヘーネスでさえ、このワーグナーの反応は行き過ぎだとして理解を得られていない。

詰まるところ、レーヴはこのようなワーグナーの高慢かつ子供じみた態度を知っており、これがチームにマイナスだと判断した可能性は大いにある。ワーグナーは過去に自らを現在ドイツ人最高のストライカーと称しており、ロシアW杯への招集は当然のような発言をしていたので、代表では新参者の割にはやたら強気だった。

そういう意味では今回の招集外におけるワーグナー本人の見立てはそんなにはズレていないかもしれないが、それを公に発言してしまったのは監督という立場の者に対し著しく敬意を欠いていると言わざるを得ない。実力から言えばW杯後再び代表に呼ばれる可能性もゼロではなかっただけに、今回感情的になって代表引退をしたのは惜しまれるといえる。

にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ