満を持してW杯に臨むドイツの天才アタッカー、マルコ・ロイス

昨日、ロシアW杯に臨むドイツ代表の最終メンバーが発表された。レロイ・サネの落選といった若干のサプライズもあったが、概ね世間の予想した通りのメンバーが選ばれたと言える。確かに知名度から言えば、ドイツは例によってブラジルやフランス、スペインよりは劣るだろう。しかし、今回のメンバーはここ数年では最も若手とベテランが程よくミックスされ、各ポジションのバランスの取れたメンバー構成と個人的には思っている。

そして今回W杯に臨むドイツ代表の中でも私が最も注目し、その活躍を楽しみにしている選手がいる。それは29歳にして初のW杯に臨む天才アタッカー、マルコ・ロイスだ。

現在ドルトムントに所属するロイスは2011年にドイツ代表に初招集されて以降、ドイツ屈指の攻撃的MFの地位を揺ぎ無いものにしてきた。2列目左の位置から繰り出すそのスピード、テクニック、アイデア、キックの精度など、アタッカーとしての総合力で言えばドイツナンバーワンと言っても差し支えない程の実力を備えている。しかし、ロイスは圧倒的な実力を備えながら、これまで代表としてW杯とEUROというビッグトーナメントには縁が無かった。

2011年、当時ボルシアMGに所属していたロイスはブンデスリーガで18得点、11アシストを記録し23歳の若さでドイツ最優秀選手に選ばれた。本来なら当時から直ぐにでも代表の攻撃的MFでスタメンで起用できるほどの実力があることは明らかだったが、翌年のEURO2012でレーヴはロイスではなく、チームの古株でもあるポドルスキを起用した。

しかし、この選択は失敗だったと言えるだろう。準決勝のイタリア戦、2列目の左でスタメン出場したポドルスキは完全に試合から消され、後半から交代で入ったロイスはそのスピードとテクニックでイタリアの守備陣を脅かす唯一の存在となった。しかし時すでに遅し。前半で2点のビハインドを負ったドイツは、試合巧者イタリアに完敗を喫する事になる。初めからロイスを使っていればと嘆いても後の祭りで、レーヴが監督になって以降最も悔やまれる敗戦となった。これ以後、ポドルスキに代わりロイスがドイツ代表の2列目の左の位置にスタメンで定着する事になる。

2014年のW杯、既にドイツ屈指のアタッカーとしての実力と名声を確固たるものにしていたロイスは、代えのきかない絶対的主力としてW杯に臨むはずだった。しかし、ロイスは本番直前のアルメニアとのテストマッチで左足の足首に重傷を負ってしまい、メンバーを外れる事になる。これは本人にとっても、チームにとっても極めて痛い離脱だった。

ドイツは最終的にこの大会を優勝で飾ることに成功するが、ロイスの不運はこれで終わりではなかった。2014年の9月、ロイスはまたもや足首に重傷を負ってしまう。その後もロイスは復帰して圧倒的なプレーを見せたかと思えば、再び怪我をして離脱するという繰り返しが続くことになる。

それでも次なるビッグトーナメントであるEURO2016ではロイスの出場を疑うものは誰もいなかった。ロイスはこのシーズン、負傷を繰り返しながらもリーグ戦の終盤は試合に復帰しており、直前のDFBポカール決勝のFCバイエルン戦で120分間フル出場していたからだ。

しかし、代表の合宿中ロイスが恥骨に炎症を抱えている事が明らかになり、ロイスはまたもや大会直前で代表から外れることになる。レーヴによるとロイスはこの時真っ直ぐにしか走れない状態で、この選外は苦渋の決断であることを伺わせた。結局この大会においてドイツはドラクスラーを2列目の左に起用したが、ロイスの穴は非常に大きいと言わざるを得ず、その不在を最後まで埋めることは出来なかった。

この2016年の代表合宿中に判明した恥骨炎は非常に長引き、EUROの後およそ5ヶ月に渡り治療に費やすこととなる。結局2016年以来ロイスは長らくドイツ代表から遠ざかることになり、今回のロシアW杯でもメンバーに入るのは難しいと見られていた。しかし、大会直前になって再び戦列に復帰したロイスは再び高いレベルのパフォーマンスを続け、慎重な姿勢を示していたレーヴも遂にその招集に踏み切った。遂に先日のオーストリア戦で、ロイスは2016年3月以来の代表での復帰戦を交代出場で飾った。

そして、W杯本戦でもレーヴはロイスをおそらく2列目の左のスタメンで起用する事が濃厚だ。このポジションはロイスが居ぬ間にドラクスラー、ゲッツェ、サネといった才能豊かな若手が何度もテストされたが、私の目から見れば一度たりともロイスの穴を埋める程のパフォーマンスを見せたことはない。

そして、もう一つロイスに関して私が個人的に注目しているのが、そのプレースタイルの変化だ。ヨアヒム・レーヴが「ロケット」と形容したように、ロイスは基本的に圧倒的なスピードとテクニックを駆使したダイナミックなプレーをするウィングの選手である。それが怪我の多い理由の一つでもあっただろう。

しかし、私の印象ではロイスは昨年あたりから前線のクレバーなポジショニングでよりストライカー近い動きをするようになった。昨年はクラブでトーマス・トゥヘルの下しばしばFWでも起用され、アシストよりも得点能力に長けた選手に変化しつつある。これは、似たようなポジションの選手であるクリスティアーノ・ロナウドのプレースタイルの変遷に近いものがあるかもしれない。ロイスも年齢を経てプレーの幅を広げつつある。おそらくレーヴも今大会状況によってはロイスをFWで起用するプランを持っている筈だ。

ドイツ代表は優良な選手が飽和状態のMFに比べるとFWはやや駒不足で、不調や怪我などで最前線に問題を抱える可能性は十分にある。そのような状況を解決できるのはロイスだろう。個人的には今大会ロイスは得意の2列目の左だけでなく、1,5列目、或いは2トップの一角としても見てみたい。度重なる不運と怪我を乗り越え、満を持してロシアW杯に臨むマルコ・ロイスはドイツの攻撃に更なるバリエーションをもたらす特別な選手である事は間違いない。是非注目して欲しい選手だ。

にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ