ロシアW杯ドイツ代表最大のサプライズ、レロイ・サネの落選

この間の記事で、実力がありながらヨアヒム・レーヴによって代表を干された選手たちを数名紹介したが、今回のロシアW杯に限って言えばそのリストにもう一人名前が加わる事になる。現在プレミアリーグ、マンチェスター・シティに所属するレロイ・サネだ。

現在22歳のサイドアタッカーであるレロイ・サネはサッカー元セネガル代表でもあるスレイマン・サネと、ドイツの新体操選手でロス五輪の銅メダリストであるレギーナ、ヴェーバーの息子という、まさにドイツスポーツ界のサラブレッドである。日本ではドイツ語風にザネと記載される事が多いようだが、ドイツではフランス語風に「ネ」にアクセントがある感じで「サネェ」と発音される。私にはこちらが馴染みがあるので「サネ」と表記させてもらう。

2014年にシャルケ04でブンデスリーガにデビューしたサネは、翌年若干19歳でドイツ代表にもデビューし、2年前のEURO2016にもメンバーに選出された。このEURO2016の終了後、5000万ユーロの移籍金でイングランド、プレミアリーグのマンチェスター・シティに移籍する事になる。この額はドイツの選手として最高額であり、サネは並み居るドイツ代表の主力選手を凌ぐ、言ってみればドイツで最も市場価値の高いスター選手でもある。

そしてサネは移籍2年目の昨年ブレイクする。プレミアリーグを圧倒的な強さで制したクラブで2列目左の定位置を獲得、10得点15アシストという申し分のない成績を残し、リーグの最優秀若手選手に選ばれた。その活躍は当然ドイツ、そして世界にも知れ渡っている。

そのサネの持ち味はその圧倒的なスピードとドリブルだ。ドイツ代表の試合を見て一人だけチーターみたいなスピードで走っている選手を見つけたなら、それはサネだ。そのレベルはワールドクラスの選手が揃う中でも段違いと言って良い。サネは殆ど左足でボールを操るが、その柔らかいタッチから繰り出されるドリブルは変幻自在で、急角度の方向転換も可能とする。止まった状態からも、その一瞬のスピードで相手を置き去りにする。

更に、サネのその常人離れしたスピードとドリブルはドイツ代表の中でも非常に希少価値が高いと見られていた。というのも、確かにドイツには優秀な攻撃的MFが揃ってはいるが、鋭いドリブル武器とするタイプの選手が少ない。敢えて言えばドラクスラーやブラントはそれにあたるかもしれない。しかし、さすがに両者にも強豪国相手に違いを生み出せる程の個の力はない。しかし、サネにはそれがある。その才能は一目見れば分かるほどの明らかな違いがある。

おそらく、怪我がちのロイスや、今ひとつ煮え切らないドラクスラーに代わってドイツ代表の2列目の左の定位置を獲得するのはサネだと期待していた国民は多かった筈だ。それどころか今回メンバーに選ばれていれば、W杯で最も注目すべき若手選手として至るところのメディアから取り上られた事は間違いない。

にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ