何故メスト・エジルは不当な批判に晒されてしまうのか

ドイツ代表の10番を背負うのはメスト・エジル。異論はあるかもしれないが、現代サッカーで最高のトップ下の一人と言って良いだろう。私はこの選手の大ファンでもある。そのボールタッチ、テクニック、広い視野から予想もしない箇所へ通すそのラストパスは魔術的でもある。

最近はエジルのプレーも見慣れたせいか驚きは少なくなったが、エジルがドイツで頭角を現してきた頃ドイツは現在ほど技術のある選手を揃えておらず、そのプレーはまさに夢のように見えた。あのバラックが当時から「ドイツに再び本物の10番が現れるかもしれない」とその才能を高く評価していたのだ。私が見た中では、エジルは並み居るドイツの名選手の中でもサッカーの巧さで言えば史上最高だ。これまでドイツ代表で90キャップ、23得点、40アシストを記録している。この数字だけでも伝説の名選手と肩を並べるものだ。

しかし、これ程の技術と実績がありながら、ドイツでエジルは決して愛されてはいない。日曜日のメキシコ戦での惨敗の後、例によってエジルは特に激しい批判に晒されている。かつての代表選手であるマリオ・バスラーはメキシコ戦のエジルを「死んだカエル」と形容し、ローター・マテウスは代表でプレーするエジルは喜びも情熱も持っていないと辛辣に批判した。

確かにメキシコ戦のエジルは良くなかった。とりわけ、失点のシーンであっさりとかわされてシュートを許したのは、ドイツのファンからすれば極めて心象は悪かっただろう。試合全体で見ても1対1の勝率は僅か14%で、肝心の攻撃でも決定的な場面を演出出来なかった。

しかし、この日はGKを除けばドイツの選手は皆酷かった。あくまで私の目から見れば、エジルより酷い選手はいた。例えば失点のシーン、エジルとほぼ同じラインに位置していたクロースは全力で戻って来なかった。キミッヒに至っては自身がもぬけの殻にした右サイドを攻められている状況で、審判よりも遅く走っていた。エジルが守備を得意としていないのは計算に入っている。あの位置にエジル一人がいる状況にしてしまった、崩壊したチームのバランスの方が余程問題だ。

にも関わらず、エジル個人への批判は例によって度が過ぎていると言って良い。一部は悪意に満ちているとさえ言える。プレー内容に関わらず、現在ピッチ上で最もブーイングを浴びるのは間違いなくエジルだ。ドイツには多くのアンチ・エジルが存在する。

エジルが必要以上の批判を常に浴び続ける理由の一つに、そのピッチ上での振る舞いがあるだろう。マテウスが言うように、確かにエジルは一見するとやる気が無さそうにプレーする。ピッチ上で無表情で、いつも肩を落としている。また、エジルは試合前はドイツの国歌を歌わず、試合後のインタビューにも滅多に出てこない。トルコ系のドイツ人でもあり、その振る舞いはドイツ人らしくない所がある。そして、それを気にして振る舞いを改めようという素ぶりもない。それが気に入らないドイツ人は間違いなく多い。

にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ