メスト・エジルをドイツ代表から排除してはならない

ドイツ代表がW杯を去ってから既に2週間は経ち、今日は決勝戦である。選手たちもバカンスを満喫している最中だ。当然ながら既にメディアでも敗退について多くの検証がなされ、ピッチの上のドイツ代表のパフォーマンスについては概ね出尽くした感もある。所詮はスポーツでありファンにとっては娯楽だ。勝つ事もあれば負ける事もある。9月からはネーションズリーグが始まり、2年後にはEUROがある。気をとりなおして再出発すれば良い、と言いたいところだが、ドイツ代表が再出発するにあたり、解決しなければならない極めて厄介な問題が存在する。それはメスト・エジルだ。

メスト・エジルは今回のW杯において最もネガティブな意味で注目されてしまったドイツ代表の選手である。それを決定的にしたのが、エジルが大会直前にトルコ大統領のエルドアンと会合し、満面の笑みでユニホームを渡す写真が公開された事件である。

この件については既に記事にしているので詳しい内容はここでは割愛するが、この事件は大会に臨むチームおよび、国内の雰囲気を著しく害した事は間違いない。スウェーデン戦で奇跡の勝ち越しゴールを決めたクロースは試合後のインタビューで「もし自分たちが敗退すれば多くのドイツの人々は喜んだのではないか」という痛烈な皮肉を国内のファンとメデイアにかましたが、これは如何に今大会ドイツの雰囲気が悪かったかを象徴するようなコメントである。

更にエジルはこの件について完全に口を閉ざしており、これも結果的に完全にNGだった。国民の代表チームに対するアイデンティティを崩壊させるような事件を起こしながら、本人からなんのコメントも無いのは確かに心象が悪い。

一般的にこのような場合、ドイツでは”Stellungnahme”と呼ばれる釈明をする。ここでは謝罪よりも寧ろ、何故そのような行為に及んだか論理的に説明することが求められる。そして最終的には、エルドアンの選挙活動を支援する意図はなかった事を結論とするのが、皆が納得する常識的な内容になる。もちろん、コメントする事によって揚げ足を取ろうとする連中は何処にでも存在するが、本来なら事態がエスカレートする事を避ける為にも必要なダメージ・マネジメントだ。

これも本来ドイツが好成績を納めていればうやむやになって人々から忘れられる問題だったかもしれないが、大会が過去に例のない程最悪な結果に終わってしまった事で、現在この問題が残念ながら再燃、そしてエスカレートしつつある。というのも、元々エジルを快く思っていないファンも多い上に、エジル自身が今大会低調なパフォーマンスだった事も手伝って、今回の敗退の責任をエジル一人に擦りつけようとする風潮が世間に出来つつあるからだ。そして遂にドイツ代表チームを運営するDFB(ドイツサッカー連盟)もそれに便乗するような発言で物議を醸している。

にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ