ミュンヘン空港、保安検査のミスにより大混乱に陥る

先週の土曜日のミュンヘン空港は大混乱に見舞われた。私はたまたまその前日にミュンヘン空港を利用して日本へ帰国していたので、その写真をネットで見たらギョッとしてしまった。私自身も乗り継ぎの国内線でちょうど台風で欠便も相次ぎ、やれやれとの思いで何とか目的地に着く事ができたのだが、もしもこの日に飛行機をブッキングしていれば確実に日本へ帰る事は無理だっただろう。原因は一人の女性が空港の保安検査を潜り抜けて、そのまま行方知れずになってしまったからだ。この結果ミュンヘン空港のターミナル2は緊急事態により4時間に渡り閉鎖された。

よりによってこの日は丁度バイエルン州が夏休みに入った日で、大勢の家族連れがミュンヘン空港からバカンスに飛び立つ予定だった。しかし、このトラブルにより取り残された大量の旅行客が空港内に缶詰め状態となった。結局、330もの便がキャンセルされ、述べ30000人以上の利用者が被害を被り、損害も数百万ユーロに上る。この日からのバカンスを楽しみにしていた人々には本当にお気の毒だと言うほかない。

この保安検査を潜りぬけた女性客であるが、決して何かを企んでいた訳ではない。まず化粧品を手荷物として持ち込もうとしたところ、その中に液体が含まれており保安検査場で引っかかった。そして彼女は一旦引き返し、それを預け荷物に入れた後、今度は手ぶらで再び保安検査場に戻って来た。ここで普通もう一度検査されなければならないのだが、この女性は検問を素通りした訳である。この時点で検査官は誰も気づかず、のちにこの女性客の身元が判明したものの、彼女は既に飛行機に乗っていた。

そして、何故この女性がいとも簡単に検問を素通り出来たかといえば、担当の検査官が同僚同士で会話をしており、それに気を取られてるうちに女性は通り過ぎたとの事だ。このような有り得ないミスが一年で最も空港利用者が多い日に起こるとは殆ど信じがたい。今回は何の悪意もない人で本当に助かったとも言えるが、本当にお粗末に過ぎるだろう。当然の事ながら、この担当の検査官は職務を解任されたのだが、それで一件落着とはいかない。ドイツの空港はこの保安検査において問題を抱えていると言われている。

と言うのも、ドイツの空港の保安検査場の処理能力は一般的にも低いと言われている。例えば、アムステルダムやブリュッセル空港は1時間におよそ180人くらい処理できるらしいが、ドイツの主要空港は大体80〜100人程度との事だ。これだけ処理能力が低い上に、あっさりと検問を素通りされるとは本当にお話にならないレベルと言える。

ドイツの場合、本来この空港のセキュリティに関しては主に連邦警察の管轄であるが、さすがに荷物のチェックや身体検査までは手が回らず、例によってコスト削減の目的もあり、これらの保安検査業務を民間委託している。しかし、多くの空港においてこのシステムは上手くいっていない。というのも保安検査を受け持つ民間業者の下ではおしなべて労働環境が悪く、病欠率や離職率が高い上に給料も悪いので、必要な人員を確保できていないからだ。最近はデュッセルドルフ空港でもこの件は問題になっていた。

そこでドイツの内務省は空港の保安検査を完全に民営化して、空港側が自由に自らの要求に対応できる業者を選定し、最新の技術を導入する事を目論んでいるが、これにも反対が多い。言うまでもなく空港のセキュリティに関しては100%の完璧さが求められるからだ。これが民間になれば100%の安全の確保よりも、経済的な利益が優先されるという懸念がある。更に、保安検査が国の手を離れるとなると空港側はおそらくその保安検査のコストを航空会社に転嫁するので、それらは最終的に我々利用者にチケットの値上げと言う形で跳ね返ってくる可能性が高い。

いずれしても、空港での安全確保は国家の重大事項なので、簡単に民営化してこの問題を解決するわけにも行かないだろう。今年は特に空港の保安検査におけるトラブルが頻発しているらしいが、高い税金を払い国家財政も潤っている事を考えれば、国がお金を投資して解決するべき問題だと認識している。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ