“Die Mannschaft”でのブランド化で、多くのファンを失ったドイツ代表

多くの強豪と呼ばれるサッカーの各国代表チームには、それぞれ世界に通用する愛称というものがある。ブラジル代表なら「セレソン」、イタリア代表なら「アッズーリ」、フランス代表なら「レ・ブルー」、イングランド代表なら「スリーライオンズ」、日本代表にもそうこうするうちに「サムライブルー」というのがひとまず国内なら定着したように見える。

では、ドイツ代表はというと、世界屈指のサッカー大国でありながら長年の間そのような愛称はなかった。かつては”Die Panzer”=「ディー・パンツァー」などと世界で呼ばれていた時期があったそうだ。”Panzer”とは戦車の意味である。しかし、これは肉弾戦と闘魂で相手をねじ伏せるドイツサッカーを揶揄する意味も多少はあっただろう。そして、そのような愛称はもちろん有り難くない。実際にドイツサッカーはそのような肉弾戦一辺倒からは既に脱却し、あくまでも高い技術とコンビネーションを前面に出したサッカーに変貌を遂げ、2014年のW杯で優勝した。

そこで考え出されたドイツ代表の新たな愛称が、”Die Mannschaft”=「ディー・マンシャフト」である。”Mannschaft”とはドイツ語でチームの意だ。”Die”は英語の”The”に当たる。ザ・チームという訳である。

このアイデアはドイツが準決勝でブラジルを7-1という歴史的な大勝を収めたのち、とあるイングランドのファンが「ブラジルにはネイマールがいる、アルゼンチンにはメッシがいる、ポルトガルにはロナウドがいる、ドイツにはチームがいる!」というツィートしたことが基になったといわれる。そしてドイツ代表のマネージャーでもあり、マーケティングの責任者でもあるオリヴァー・ビアホフが中心となり、2015年にドイツ代表の新しい愛称である”Die Mannschaft”が発表された。

因みに、話が少し横道に逸れるが、このビアホフの名前を聞いたことのあるサッカーファンは多いだろう。かつてのドイツのエースストライカーでありキャプテンも務めた名選手だ。

191cmの長身からのヘディングを得意とし、全盛期の空中戦はわかっていても止められない驚異的な強さを誇った。EURO1996ではドイツを優勝に導くゴールデンゴールを決めている。ビアホフは選手生活の傍らハーゲンの通信大学で経営学を専攻し、ディプロマを取得した。プロサッカー選手、しかも代表のキャプテンとしてのストレスの中、大学を卒業するとは並のスペックの持ち主ではない。ビアホフは引退して間もない2004年に新たに創出されたポストであるドイツ代表のチームマネージャーとして採用され、当時低迷期にあったドイツ代表が興行面でも復活することに大きな役割を果たしてきた。

そして、2015年ビアホフはこの”Die Mannschaft”のブランド化で、ドイツ代表をプレミアム商品としてマーケティングする事を目論んだ。それ以降、スポンサーの宣伝、チームバス、インターネット、スタジアムの至る所で”Die Mannschaft”のロゴを目にするようになった。選手たちも宣伝やプロモーション活動に勤しみ、凝った演出のテレビCMなどで見る機会も圧倒的に増えた。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ