ミヒャエル・バラックとヨアヒム・レーヴの浅からぬ因縁

ネーションズリーグでオランダによもやの惨敗を喫し、ヨアヒム・レーヴの進退問題が再燃するのは必至の情勢であるが、既にこのオランダ戦の直前にレーヴ進退問題にコメントし、世間に物議を醸した人物が存在する。それは他でもないドイツ代表元キャプテン、ミヒャエル・バラックだ。バラックは現在サッカー界の表舞台からは退いているが、レーヴのチームマネジメントを批判、ロシアW杯後に退任すべきだったとメディアを通じて主張し、再びその存在がクローズアップされている。

バラックは00年代のドイツ代表では突出した実力を持った選手であるだけでなく、当時からその歯に衣着せぬ発言でレーヴと激しい権力闘争を繰り広げたことで有名だ。以前、ヨアヒム・レーヴに干された実力者たちを紹介した事があるが、このバラックも思わぬ形でレーヴによって代表を干された実力者の一人である。つまり、このバラックとレーヴは2人が監督と選手の関係だった頃から浅からぬ因縁がある。

しかし、バラックが選手時代に最初に監督のレーヴに噛みついたのは自らの処遇についてではない。チームメイトであり、長年のパートナーでもあるトルステン・フリングスの処遇についてである。フリングスはバラックと同じ1976年生まれのMFであり、バラックと共にドイツの低迷期を支えた選手の一人だ。

両者とも攻守にオールラウンドな能力を備えたMFであり、ライバルともなりうる存在でもあったが、この2人で構成するダブルボランチは2004から2008年にわたりドイツの心臓として機能した。つまりバラックが主に司令塔としてチームをコントロール、更には前線に飛び出して得点を狙うのに対し、フリングスが豊富な運動量と激しいタックルで相手の攻撃の芽を摘むという役割分担だ。この2人はメディアでの振る舞いからして一筋縄ではいかない気難しいタイプに見えたが、性格的にもウマが合ったのか強固なパートナーシップがあったと見える。

しかし、2008年にはフリングスも遂に寄る年波、そしてサッカーの高速化について行けずスタメン座を若手に明け渡すことになる。元々それ程スピードのあるタイプではなく、同じくベテランの域に達しているバラックとの併用は厳しいのは明らかだった。しかし、このフリングスの処遇に異議を唱えたのが、選手のボスとして絶大な発言力を持つバラックだった。

フリングスは2008年のW杯予選ロシア戦の前日の深夜にレーヴから試合で起用しない旨を伝えられたとされ、フリングスはこれに明らかな不満の意を示したとされる。バラックもフリングスが主力から外されることはアンフェアであり、チームに貢献してきたベテランに対しては敬意をもって対応するべきだとして、公にレーヴを批判した。しかし、この越権行為とも言える発言には当然レーヴは激怒し、バラックに謝罪を求める事態に発展した。

この件は、ベッケンバウアーや当時のDFBのボスであるツヴァンツイガー、レジェンドであるマテウス、ザマーなどが割って入る大騒動に発展し、何れもバラックの発言を痛烈に批判した。更に前監督のクリンスマンもチームメイトとレーヴに謝罪するべきとして、バラックは四面楚歌の状況に追い込まれた。

明らかに劣勢に追い込まれたバラックは自らの発言が誤っていたことを認め、レーヴに謝罪した。両者は和解のため数日後に直接会い、そこでバラックは引き続きレーヴによって代表のキャプテンの座に留まる事を認められた。但し、キャプテンであっても組織のルールを順守しなければならないとクギを刺されたとされる。これが対立の第1幕だ。

にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ