バイエルンは保守王国であることが再確認された州議会選挙

先週の日曜日は注目のバイエルン州議会選挙が行われ、これまでほぼ常に単独で過半数の議席を獲得してきたCSU(キリスト教社会同盟)が今回は大幅に過半数割れの事態となった。私の住んでいるバイエルン州はドイツの中でも特に保守的とされており、その象徴がいわばCSUという保守政党の一強状態であった。そのCSUが大幅に議席を減らした今、一見すると保守的なバイエルンでも新たな風が吹き始めたかに見える。しかし、各政党の得票率(増減)を見てみると:

CSU(キリスト教社会同盟):37,2%(-10,4)
SPD(社会民主党):9,7%(-10,9)
Grüne(緑の党):17,5%(+8,9)
AfD(ドイツの為の選択肢):10,2%(+10,2)
Freie Wähler(自由な選挙人):11,6%(+2,6) 
FDP(自由民主党):5,1%(+1,8)
Linke(左翼党):3,2%(+1,1)

バイエルンでこれまで保守と言えばCSUであったが、今回は同様に保守政党であるAfD(ドイツの為の選択肢)とFreie Wähler(自由な選挙者)が躍進した。FDP(自由民主党)も政策から言えば保守に分類される。つまり、これまでCSUが獲得してきた多くの保守層の票が、他の保守政党に分散したような結果になった。この4党を合計すればやはり保守政党の支持率が優に6割を超える。

逆にリベラルな政党であるSPD(社会民主党)とGrüne(緑の党)、Linke(左翼党)の合計は3割強である。これはGrüneが大きく躍進した一方でSPDが極度に弱体化した事が大きい。CSUの惨敗ばかりが強調されるが、このSPDはそれ以上に崩壊した。結果として、リベラル層の票がSPDからGrüneに移動したのが見て取れる。

そして、これに加えてドイツのメディアではどの党が、どこで票を失い、どこで新たな票を獲得したかの分析されており興味深い。私が参考にしたのはZeit onlineであるが、この分析を参考に各政党の状況を見てみるとする。

まずCSU(キリスト教社会同盟)であるが、前回選挙で獲得した票数は同じ保守のAfDとFreie Wählerに分散しただけでなく、Grüneに大幅に奪われた。しかし、Grüneによって奪われた票とほぼ同じ数だけ、SPDから新たに得た模様だ。

CSUは難民政策において相棒であるメルケルCDUと茶番とも言える仲間割れで国民を著しく白けさせただけでなく、難民問題を”Asyltourismus”=「難民ツーリズム」などと言う品のない言葉で政党としての品位を著しく落とした。一般で言う難民は生き延びるために他国へ逃亡しているのであり、決して遊びに来ている訳ではない。

党首であるゼーホーファーがAfD並みのポピュリスト的発言をしながら、特に選挙戦の終盤はそのAfDとは必死に一線を画そうとしている姿は、まさに滑稽であるとさえ言えた。その結果、真の脅威であるGrüneに最も票を奪い取られる失態を犯したことは大きな戦略ミスと言えるだろう。社会における深刻な問題をプロフェッショナルに解決するのではなく、低レベルな大衆迎合主義で露骨な票集めに走った事に対する当然の報いだと言える。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ