ドイツサッカーの伝説となっている、ジョバンニ・トラパットーニの大演説

先週FCバイエルンの首脳陣が、物々しい様子でチームを批判するメディアに抗議する会見を行った。これ自体は取るに足らない茶番劇だったのだが、ドイツサッカーには人々が忘れる事がない伝説的な記者会見が存在する。それは1998年に当時のFCバイエルンの監督であったジョバンニ・トラパットーニが行ったものだ。

イタリア人であるトラパットーニはこの時代世界最強と呼ばれたセリエAでACミラン、ユヴェントス、インテルなどを率いた名将であり、世界で最も成功した監督の1人である。私はこの会見は生中継では見ていないが、何度もテレビで伝説的な場面として紹介されており、今年は丁度この会見から20年という事で再び脚光を浴びた。

まず当時の状況を簡単に説明しておくとする。FCバイエルンは当時も勿論ドイツの常勝軍団として君臨していた訳だが、この会見の行われた3月10日の時点で直近の試合で3連敗を喫しており、この年昇格したカイザースラウテルンの後塵を拝し2位に甘んじていた。

また、この3連敗の間に行われたチャンピオンズリーグでのドルトムント戦も無得点の引き分けに終わっていた。とりわけ、この試合を含めると直近4試合でたったの1得点の低調な攻撃陣は痛烈な批判に晒されていた。そしてその後のシャルケ戦(0-1で敗戦)でベンチに座ることになった2人の攻撃的MF、マリオ・バスラ―とメーメット・ショルは監督であるトラパットーニを公に批判した。

トラパットーニはこのシャルケ戦での敗戦ののち、この2人の選手の批判を受けて相当憤っていたとされる。そして2日後この会見を周到に準備し、メモを用意して口火を切った。かなり長くなるが、これはトラッパットーニが口にしたドイツ語の原文をそのまま載せる。このドイツ語はかなり壊れており一部はっきりと意味が分からない部分があるので、私の解釈でそれっぽく訳してみる :

Es gibt im Moment in diese Mannschaft, oh, einige Spieler, vergessen ihnen Profi, was sie sind. Ich lese nicht sehr viele Zeitungen, aber ich habe gehört viele Situationen.
現在このチームにおいて、オォ…何人かの選手はプロとは何たる者かを忘れている。私は多くの新聞を読んでいるわけではないが、多くの状況を耳にしている。

Erstens: Wir haben nicht offensiv gespielt. Es gibt keine deutsche Mannschaft spielt offensiv o dynam-offensiv wie Bayer! Letzte Spiel hatten wir in Platz drei Spitzen.Elber, Jancker und dann Zickler. Wir mussen nicht vergessen Zickler. Zickler ist eine Spitzen – mehr Mehmet, eh mehr eh Basler. Ist klar diese Wörter, ist möglich verstehen, was ich euch gesagt? Dann. Offensiv, offensiv ist wie maken wir in Platz.
まず第一に : 我々が攻撃的にプレーしていない…ドイツのチームでバイエルン程ダイナミックに攻撃的にプレーしているチームは存在しない!前の試合では我々は3トップをピッチに送り込んだ。エルバー、ヤンカー、そしてツィックラーだ。ツィックラーを忘れてはならない。ツィックラーはトップ(FW)だ。そうだメーメット(ショル)、そうだバスラーよりも攻撃的だ。私の言っている事がわかるか?、そうだ。攻撃的だ。我々はピッチの上で攻撃的なのだ。

にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ