FCバイエルンを翻弄したマルコ・ロイスの圧倒的な速さと巧さ、決定力

今年のブンデスリーガは近年になく目の離せない展開になっている。過去5年間、国内で圧倒的な強さを誇ってきたFCバイエルンが遂にボルシア・ドルトムントの後塵を拝する展開になっているからだ。

両者とも10試合を終えて失点は11で同じだが、差になっているのは得点力だ。19得点に留まっているバイエルンに対し、一方のドルトムントは既に30得点を叩き出した。とりわけ、遂に万全の状態でシーズンを迎えたマルコ・ロイスは、6得点6アシストと大車輪の活躍を見せている。

首位のドルトムントが3位のバイエルンをホームに迎えた今日の直接対決は、今年のブンデスリーガの行方を占うだけでなく、このドルトムントの強さが本物かどうか確かめる上でも非常に注目される試合となった。

試合が始まると、いきなり両チームとも速いテンポの激しい攻防を繰り広げ一瞬たりとも目の離せない展開となった。あくまでボールを保持して試合を支配する事を試みるバイエルンに対し、ドルトムントは固い守備から快速のカウンターでバイエルンゴールに迫る。現在の順位とは裏腹にドルトムントがバイエルンを格上と見ている展開だ。

そしてこの激しい攻防の中、先にペースを掴んだのはバイエルンだ。バイエルンは素早いパス回しからサイドを徹底的に攻め、徐々にドルトムントのボールを奪う位置が後ろに下がり始めた。更にボールを奪われた後のゲーゲンプレッシングが機能し、ドルトムントに攻め手与えない。徐々にバイエルンが波状攻撃を仕掛ける場面が増えていく。そしてその展開通り、25分にレヴァンドフスキがニャブリのクロスを頭で決めて先制した。

バイエルンはその後も試合をコントロールしながらも、30分あたりからは徐々にペースダウンし敢えてドルトムントにボールを持たせるようになる。同点に追いつきたいドルトムントだが、要所を締めるバイエルンの老獪な守備の前に全くチャンスを作れない。前半はバイエルンが格の違いを見せつけるような展開となった。

しかし、ドルトムントは後半いきなり同点に追いつく。サンチョの縦パスに抜け出したロイスをノイアーが倒し、このPKをロイスが落ち着いて決めた。普通に速いだけの選手ならノイアーは先にボールに触っていた筈だが、ロイスは並の速さではない。更にロイスは足だけでなく頭の回転も極めて速い。あのノイアーでさえ後手に回った。

にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ