若手が躍動し、久しぶりに快勝したドイツ(ドイツ対ロシア親善試合)

昨日ドイツ対ロシアのテストマッチを観戦した。各国リーグ戦の前半も佳境に入る中、例年この時期のテストマッチはグダグダの内容で全く面白くない場合が多い。しかし、今年に限ってはドイツも適当に流す訳にはいかない。

ドイツは知っての通りW杯で惨敗し、新しく始まったネーションズリーグでもリーグBへの降格が濃厚な状況である。今年の戦績は3勝6敗2分けという強豪国とは思えない有様だ。ヨアヒム・レーヴも前回のフランス戦での健闘で何とか首を繋げたが、ドイツ代表の改革を実行する監督として相応しい人物か引き続き証明していく必要がある。

そのレーヴであるが、前回のフランス戦である程度機能した3-4-3のシステムを再び採用した。GKノイアー、3バックに左からリューディガー、ズューレ、ギンター、中盤は左からヘクター、ハーヴァーツ、キミッヒ、ケーラー、3トップにサネ、ヴェルナー、ニャブリと言う若手を主体とした布陣だ。

これでスタメンの平均年齢は24歳代にまでなった。フランス戦との唯一と言って良い戦術的な違いは、休養のクロースの代わりに、より前線に近い位置でプレーするハーヴァーツが入った事だ。つまりフランス戦より若干攻撃的なバリエーションになる。若干19歳であるハーヴァーツはこれが代表初キャップになる。

試合が始まって早々にドイツは激しいプレスで試合の主導権を握る。快速の3トップが入れ替わり立ち代わり縦のポジションチェンジを繰り返し、ロシアの守備陣を混乱に陥れた。早くも8分、中盤にまで下がっていたニャブリが相手守備陣の背後スペースにスプリントをし、右サイドケーラーからの決定的な縦パス呼び込んだ。この中央への折り返しをサネが決めて先制した。

更に縦への速い展開で試合の主導権を握るドイツは、25分のコーナーキックからズューレが2点目を決め、40分にはハーヴァーツのスルーパスからニャブリが3点目を決めて勝負を決めた。セットプレーからの得点は実に久しぶりだ。更にニャブリの冷静なコースを狙ったシュートも決定力不足に喘いでいた最近のドイツでは新鮮に映る。ドイツは前半で早くも勝負を決めた。

後半は一矢を報いたいロシアが開始早々2度の決定的チャンスを得るが、これは何れもシュートの精度が悪くドイツは事なきを得た。その後も前半消極的だったロシアが後半中盤でのコンパクトな守備でドイツを苦しめる。しかし、既に3点を奪ったドイツもリスクを冒すことなく互角の展開となった。後半も中盤を過ぎると両チームとも選手交代でテスト色、あるいは調整色の強い試合となり、試合はそのまま3-0でドイツが久しぶりの快勝という形になった。

にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ