オランダと引き分け、EURO2020予選ポット1から漏れたドイツ(NLドイツvsオランダ)

月曜日にネーションズリーグ、グループリーグの最終戦のドイツ対オランダを観戦したので、遅ればせながら感想を記しておきたい。残念ながら先立って行われた金曜日の試合でオランダがフランスに勝利したため、ドイツのグループリーグの最下位は既に決定している。つまりドイツの来年のリーグBへの降格が決定した。

しかし、この試合は決して単なる消化試合ではない。何故ならドイツはこの試合に勝てば、来年始まるEURO2020の予選抽選でポット1に入る事が確定するからだ。これでしくじってポット2に入るような事があれば、早くも予選段階でスペイン、フランス、ベルギー、イングランドなどの強豪国と対戦する可能性が出てくるので、それは出来れば避けたい。一方のオランダも、この試合引き分け以上ならフランスを抜いてネーションズリーグのグループリーグの勝ち抜けが決まる。両チームにとってそれなりに重要な試合だ。

ドイツは快勝したロシア戦と同様の3-4-3のシステムを採用し、スタメンもほぼ同じメンバーを送り出してきたが、若干の微調整があった。3バックの中央にはフンメルスを起用し、中盤には前回代表初キャップを飾ったハーヴァーツに代わってクロースが復帰した。更に前線の快速3トップもメンバーこそ同じだが、ヴェルナーとニャブリの位置を入れ替えた。

前線の3人のなかでは最もオールラウンドかつ得点力の高いニャブリを中央で活かすと同時に、縦への突破を好むヴェルナーはウィングの方が適しているとの判断だろう。サネはそのまま左ウィングに留まった。

試合は注意深く試合に入っていったドイツに対し、オランダは例によってドイツの司令塔であるクロースを序盤から徹底マークした。しかし、ドイツに関して言えば、この日中央に入ったフンメルスとキミッヒの配給力も高い。

この2人からフリーの選手にパスが入るとドイツの攻撃にスイッチが入る。何人もの選手が連動して縦へ動き出し、オランダ守備陣のスペースを次々に陥れた。攻守に高レベルの連動性を見せるドイツに対し、オランダは個人プレーが目立ち、チームとしての組織力に雲泥の差が見て取れる。

ドイツは9分にクロースが入れた楔の縦パスをニャブリがダイレクトで後方に流し、これを受けたヴェルナーが間髪入れずにミドルシュートを決めた。更に20分にはピッチ中央やや後ろでフリーでボールを持ったクロースが最前線のサネに一発のロングパスを通し、これもサネは即座にミドルシュートを放ち得点になった。

このサネのシュートは相手選手に当たりコースが変わった幸運なゴールだったが、試合展開から言えば妥当な得点だ。ドイツはポゼッション率こそ44%と低いがオランダに全くと言って良い程隙を与えない。オランダはドイツのパスの起点を抑えこむ事が出来ず、更に動き出しの早いドイツの選手の尻を追いかける回す展開だ。このまま2点をリードして前半を終える。

にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ