似ているようで違う国、ドイツとオーストリアの関係

ドイツは周囲を9ヶ国に囲まれている。北から時計回りにデンマーク、ポーランド、チェコ、オーストリア、スイス、フランス、ルクセンブルク、ベルギー、オランダである。ドイツは一般的に第二次世界大戦後、これらの隣国とは概して友好的な関係を築き上げていると言われているが、その関係は必ずしも一筋縄ではいかない複雑な感情が入り混じったものとなる。今回は同じまさにドイツと兄弟の国と言って良いオーストリアとの関係を取り上げてみたい。

このドイツとオーストリアの関係を紐解くには、まずはそれぞれの国の成り立ちをおさらいしておく必要がある。ドイツとオーストリア、現在は別々の国であるが、両国とも同じゲルマン民族でドイツ語を話し、似たような文化を持っている事から分かる通り、かつては同じ国であった。大雑把に言えば、両国は長い間神聖ローマ帝国という一つの国の領域であり、それが滅亡した後もオーストリアは1866年までドイツ連邦の一員だった。

それどころか、オーストリアはこのドイツ連邦の議長国であり、寧ろプロイセン、バイエルン、ザクセンなどの現在のドイツを構成する領邦を従えていた。しかし、1866年にプロイセンがオーストリアに戦争を仕掛け、これに勝利した事でオーストリアはドイツ連邦から除外される。

除外されたオーストリアは現在の領域にハンガリーを加えたオーストリア=ハンガリー帝国として存続した。一方、勝利したプロイセンは他の領邦を従えて1871年にドイツ帝国を築き、これが現在のドイツの基になった。つまり、ここから両者は初めて別々の国として存続する事になる。

その後2度の世界大戦で紆余曲折があったが、基本的にはこの両国は常に同胞であった。1938年のヒトラーによるオーストリア併合も侵略行為としての認識がある一方で、当時ヒトラーはオーストリア人に歓喜して迎えられた。寧ろ、オーストリアがナチスに加担したという歴史認識もそれ相応に存在し、ドイツと他の隣国のような単純な被害者と加害者の関係は存在しない。

まず、ドイツから見たオーストリアであるが、ドイツ人にとって一般的にオーストリアは非常に好感度の高い国として知られている。美しいアルプスの山々をはじめとした豊かな自然や、洗練された文化を持つ観光大国でもあり、言語も同じドイツ語のうちオーストリア・ドイツ語が話される。ドイツで話される標準ドイツ語との微妙な違いを調べだすとキリがないが、その響きは非常に音楽的で柔らかく聞こえる。多くのドイツ人がオーストリアへバカンスへ行き、そこでの美しい自然を満喫し、手厚いもてなしを受けている。

私自身もオーストリアには何度も訪れた事があるが、その経験から言ってもオーストリアは非常に美しい国だと言っておきたい。ザルツブルクのような文化的に洗練された都市や、ザルツカンマーグート地方の豊かな自然と湖は必見に値する。ついでに言えば、人々もドイツ人より親切だという印象を持っている。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ