ドイツ語を学ぶメリットは、明らかに以前より増している

以前ドイツ語を学ぶメリットについて簡単に書いたことがあるが、今回はそのリライトになる。おそらく、日本では依然としてドイツ語を学ぶ人々は少数だろう。確かに一般的に言っても、英語は勿論のこと、第2外国語としても隣国の言語を学んだ方が圧倒的に使用頻度は高い。実際にこれらの言語は一般的に学んでおくべきだと私自身も考えている。

しかし、だからと言って日本人がドイツ語を学ぶメリットが無いというのは間違いだ。これはもちろん、ドイツに興味があるか、或いは何かの縁があってドイツ人と関わる、或いはドイツに住むという事が前提になる訳だが、仮にそうであればドイツ語を学ぶメリットは十分にある。

因みに私は日本でドイツ語を学んでいた人間だが、「そんな言語を学んで何の役に立つ」的な意見がその頃から圧倒的だった。ここで言わんとしている事は、要するに仕事の役には立たないと言うことだろう。まあそれは大して否定はしない。ドイツにでも住まない限り、ドイツ語を必要とする機会は圧倒的に少ない上に、簡単なコミュニーケーションの殆どは英語で代用できるからだ。

しかし、人生は決して仕事だけではない。学ぶことや教育を直接仕事の役に立つか立たないだけでその良し悪しを判断するのは、残念と思わずにはいられない。どんなマイナー言語でも、その国の人間や文化を理解したいのであれば、それを学習する事はお金には変えられない人生の大きな糧になる。

そして、そのような目に見えない精神的な価値を除いても、昨今の情勢を見ればドイツ語を学ぶメリットは一時より明らかに増していると言える。

まず第一に、ドイツは知っての通りEU最大の経済大国であり、最大の人口を擁する国である。そしてドイツの昨今の経済的な強さもあって、ドイツ語の学習者は再び世界的に増えており、現在およそ2億9千万人と言われている。最も学習者が多い国はポーランドだ。ドイツ語は主に東欧でよく通じるイメージがあるが、イギリス(2位)、フランス(4位)でもドイツ語学習者はかなり多い。

もちろん、それでも外国語としての学習者数は英語よりは遥かに劣る。しかし、母国語としてドイツ語は英語、フランス語、スペイン語を上回りEU圏内では最も使用者が多い言語である。その数はおよそ1憶3千万人と言われている。使用されているのはドイツ、オーストリア、リヒテンシュタインをはじめ、この両国の周辺12か国で公用語か少数言語として認められている。これらの国々の人間、文化を理解したいのであれば、ドイツ語を学ぶべきだ。

そしてもう一つ、現在のドイツでは自分たちの言語、文化を守ろうと言う機運が急速に高まっている。これは単なる民衆レベルの動きではなく、既に政治的にも外国語教育から母国語を重視した教育にシフトチェンジが始まっている事を挙げておく必要がある。首相であるメルケルもドイツに来る外国人はドイツ語を学ばなければならない旨をここ数年で何度も主張してきた。

例えば既に今年から近くの幼稚園では以前からあった英語コースをストップし、別の技能コースに変更した。また、ベルリンの警察養成所でも来年から英語の授業を減らして、ドイツ語の授業を増やすことが明らかになっている。外国からの観光客が多く英語が氾濫していると言われるベルリンでさえ、「まずドイツ語」に切り替わったのである。私の住むバイエルンは保守的な地域なので尚更だ。

にほんブログ村 外国語ブログ ドイツ語へ