ヨーロッパで家賃高騰の一因として問題視されている、Airbnbの民泊仲介ビジネス

ここミュンヘンを初めとしたドイツ大都市部の賃貸住居価格が数年前から異常に高騰している事は既に何度か記事にした。このテーマはもはやドイツ社会における最大の懸念事項の一つとして、大きな政治的テーマになりつつある。当然だろう。電気代が2倍になろうが、アウトバーンが有料になろうが、ディーゼル車が締め出しを食らおうが、とりあえず生活はできる。

しかし、ここ7、8年で賃貸住居の価格がおよそ6割も上昇したなら、それは我々庶民にとって極めて深刻な問題となる。そして現在はまさにその状況であり、全く状況が改善する気配はない。その一因として、最近やり玉に挙がっているのが、インターネットで民泊仲介ビジネスを営むAirbnbである。

私自身はAirbnbのサービスを利用した事はないが、要はブッキングドットコムのような、ウェブサイト上で宿泊所を予約できるプラットホームである。ブッキングドットコムが主にホテル宿泊を仲介しているのに対し、Airbnbは民泊、つまり個人の住居を旅行者に貸す事を仲介しているサイトである。

まず旅行者側にとってこの民泊のメリットは何といっても宿泊価格が圧倒的に安くつく事であろう。確かにホテルは人員を雇ってしっかりとした宿泊設備とサービスを提供するが、必ずしも多くの人が高いお金を払ってこれらを必要としている訳ではない。貸主と問題なくコミュニケーションが取れるのであれば、民泊で十分だと言う人は多い筈だ。

更に貸主側も例えば自分たちがバカンスなどで住居を空けている期間、旅行者にそれを貸し出す事でちょっとしたお金を稼ぐ事が出来る。自宅の空いている部屋などを貸せばホームステイのような形にもなり、貸す側と旅行者の人間的な交流も発生する。

そして、Airbnbはその民泊を仲介する手数料でお金を設けている。今日ではインターネットにより世界がオンラインで繋がり、格安航空会社の発達で旅行が以前よりも遥かに容易になった。その中で民泊という貸主と旅行者側に経済的、人間的なメリットが発生する新たな宿泊形態を仲介するというAirbnbのビジネスモデルは賢く、現在の世の中のトレンドにもマッチしているように見える。

本来ならこのような新たなサービスの出現は歓迎すべきであり、Airbnbが世界規模で急速に成長してきた。多くの人がこのビジネスモデルは素晴らしいと絶賛するのも不思議ではない。

しかし一方で、このAirbnbのビジネスに大金を稼ごうと目論む個人の不動産所有者、更には不動産業者が目をつけた。つまり、自らが所有、或いは管理している賃貸物件を地元の人間の住居として貸し出すよりも、世界から来る旅行者にAirbnbを通して貸し出た方が遥かに儲かる事に気付いたからだ。

言うまでもなく、Airbnbで貸し出されている宿泊料金はホテルよりは安いが、我々地元の人間が住居として利用する賃貸料より遥かに高い金額で貸し出すことが出来る。とりわけ、ミュンヘンやベルリンのような旅行者に人気の大都市ではAirbnbの仲介する民泊は大人気だ。

そのような状況を放置しておけば、一体どうなるか火を見るよりも明らかだ。現地の人間が借りようとする賃貸物件の数は劇的に少なくなり、価格が上昇する。ミュンヘンはその経済的な強さから毎年多くの移住者がやってくるので、その傾向はドイツの他の大都市と比較しても顕著だと言えるだろう。そして、これはミュンヘンのみならずヨーロッパで大いに問題視されている。