ミュラー、フンメルス、ボアテング、唐突にドイツ代表での戦力外が発表される

2019年のドイツ代表はまず今月の20日にセルビアとのテスマッチをホームで行った後、24日にEURO2020の予選オランダ戦に臨む。先日はGKテア・シュテーゲンがこれまでアンタッチャブルだったノイアーから正GKの位置を奪う意思を明確にし、代表チームへの関心も再び高まってきた。この件に関しては監督のヨアヒム・レーヴはテア・シュテーゲンに今後チャンスを与えるとしながらも、ノイアーが正GKであるというスタンスを崩していない。

しかし、レーヴはフィールドプレーヤーに関しては先日、招集メンバー発表に先立ち世間を大きく驚かせる決断を発表した。これまでの代表の顔でありFCバイエルンの3名、ミュラー、フンメルス、ボアテングを代表チームに今後招集しない方針を明らかにしたのだ。

確かにドイツ代表は現在世代交代の最中でもあるが、2014年W杯の優勝組の多くは依然として30歳、或いはまだその手前だ。やや衰えが見えるのは事実だが、次回のビッグトーナメントであるEURO2020まではまだ十分にチームに貢献できる。チャンピオンズリーグで幾度もの修羅場を潜り抜け、2018年W杯で史上初のグループリーグ敗退という苦い記憶もある。詰まるところ、その経験は何者にも代え難い。世間に物議を醸すのも当然と言えるだろう。

もっとも、この3名のうちボアテングに関しては既にレーヴの構想外になっているのは予想できた。というのもボアテングは昨年10月のネーションズリーグ、アウェーのオランダ戦で誰がどう見ても今後の起用に非常に不安を持たざるを得ない、低調かつ不安定な出来だったからだ。そして昨年最後の代表戦、ホームでのオランダ戦は招集を見送られていた。

表向きは「休養」という理由だったが、この試合はリーグA残留およびEURO予選におけるポット1の掛かった重要な試合だったので、既にこの時から構想外は決定済みだった事を窺わせる。現在はFCバイエルンでもファーストチョイスから外れている。

現在30歳、これまで76キャップを誇るボアテングが代表にデビューしたのは2009年である。屈強な体格、身体能力を活かした対人守備で部類の強さを発揮するタイプのCBだ。当初は本職のCBではなくSBで起用されることが殆どだった。ドイツは当時からフィリップ・ラームを除くSBの人材難に悩まされており、このポジションを埋める形で3名の中では最も早く代表にデビューした。

本職であるCBに定着したのは優勝した2014年W杯の決勝Tからだ。特にこの大会の決勝戦は私が記憶している中ではボアテングのベストマッチと言える。ボアテングはこの試合、その無類の対人守備の強さであのメッシをほぼ完全に抑え込んだ。特に後半、相棒のフンメルスがかなり疲弊した一方で、ボアテングは最後まで鬼人の如く立ちはだかりアルゼンチンの攻撃をことごとくストップした。この試合の勝利はボアテングなしには考えられなかった。

その後ボアテングは屈強な対人守備のみならず、左サイド前方へ繰り出すダイアゴナルのロングパスも駆使するようになり更にその株を上げた。EURO2016の守備陣のボスは間違いなくボアテングだったと言える。しかし、そのアスリート能力を前面に押し出したスタイルからか、ここ2年で急速に力を落とした感がある。FCバイエルンでは同様に屈強なタイプのズューレが台頭してきたのもあるだろう。

本人もこの戦力外は近いうちに来ると予想できていたのか、レーヴの発表の後に最も早くコメントを出し、その内容も3名のうち最もマイルドで批判色の少ないものだった。