マヌエル・ノイアーとマルク=アンドレ・テア・シュテーゲン、ドイツNr.1GKはどちらか

現在FCバルセロナ正GKであり、ドイツ代表のテア・シュテーゲンは現在世界でも屈指のGKと言われるまでに成長した。しかし、知っての通り、ドイツ代表の正GKはマヌエル・ノイアーだ。ノイアーは常に世界トップのGKを輩出してきたドイツでも歴代最高とも言える超人的な実力を兼ね備え、2010年以来ドイツのゴールマウスを守ってきた。

ところが最近のDAZNのインタビューにおいて、Nr.2であるテア・シュテーゲンは自らがノイアーに代わってドイツの正GKを奪い取る意思を明確にして話題になっている。

もちろん本来なら、自らが試合に出たいのはプロとして当たり前の話でもある。また、テア・シュテーゲンによるとこの発言は「既に言った事がある」とも述べており、おそらく初めてではない。これまでの状況であれば、特に世間に波風が立つような発言ではなかった。

また、テア・シュテーゲンとノイアーのどちらが正GKになるかは、既に昨年のロシアW杯の時にも話題になった。ただし、この時ノイアーは負傷のため長期離脱中であり、テア・シュテーゲンはあくまで最高に優秀な「代役」としての扱いだったので、同じ条件での比較ではなかった。あくまでノイアーがNr.1と言うのが前提の話だった。

この時は最終的に監督のレーヴは負傷明けで試合勘に不安が囁かれるノイアーを直前に正GKとして本大会に招集した。その信頼の厚さとノイアーのキャプテンとしての存在感の大きさ、そしてドイツの正GKはあくまでもノイアーである事が再確認されたと言える。詰まるところ、ノイアーはあまりにも偉大で、アンタッチャブルだったのだ。

しかし、この両者の実力は今や甲乙つけ難いものになりつつある。テア・シュテーゲンがFCバルセロナと言う世界トップクラスのクラブで安定したパフォーマンスを見せ、もはや世界屈指のGKとして認知されつつある一方で、やや衰えも見えるノイアーは以前のような人間離れした無双のGKではなくなってきた。依然としてその実力、経験は疑いの余地が無いものの、最近は怪我で離脱する事も多い。

更にこのインタビューの後に行われたレアル・マドリードとの国王杯準決勝で、テア・シュテーゲンは圧巻のパフォーマンスを見せてその株を更に上げた。通常ドイツは日本とは異なり、国外のリーグで活躍する選手がメディアに取り上げられる事は少ない。ポジションがGKともなれば尚更だろう。その中でテア・シュテーゲンのパフォーマンスはドイツ、スペイン両国で絶賛された。

つまり、長年アンタッチャブルだったドイツ正GKの座も遂に下克上が話題になる状況にまでなってきた事は確かだ。このテア・シュテーゲンの発言が注目されるのはそのような背景がある。実際に元ドイツ代表GKのオリバー・カーンも、あくまでテア・シュテーゲンが挑戦者であるとしながらも、実力的にはもはやテア・シュテーゲンもノイアーと遜色ないレベルに達しており、もはやノイアーの正GKの座は安泰では無い旨の発言をしている。