突如降って湧き出てきたドイツ代表の正GK論争

今年のロシアW杯においてドイツ代表は優勝候補の筆頭とも見られており、その理由の一つにはその選手層の厚さが挙げられる。昨年のコンフェデ杯においてBチームで優勝したドイツは戦力の底上げに成功し、各ポジションは過去に無いほどの激しい競争が繰り広げられている。監督のレーヴも昨年「ロシア行きのチケットは誰一人として確約されていない」と発言し、チーム内の競争を促した。

但しその中で唯一完全にアンタッチャブルだと思われたのがマヌエル・ノイアーが君臨するGKのポジションである。このレーヴの発言の時点ではノイアーは既に怪我をしていたので、この発言はノイアーにとっても単なる社交辞令でないことは確かだろう。とはいえノイアーのGKとしての実力は余りにも突出しており、怪我から復帰さえすれば彼が正GKに選ばれることは誰もが信じて疑わなかった。しかし、その状況が変わりつつある。

本来1月中になるはずだったノイアーの復帰は大幅にずれ込んでおり、W杯まで3ヶ月を切った現在でも今だ実戦に復帰できていない。そうこうするうちにナンバー2のテア・シュテーゲンが昨年のコンフェデ杯以降存在感を高めてきた。それどころか、テア・シュテーゲンは今や世界最高のGKの一人としての評価を得るまでに至っている。

現在FCバルセロナの正GKであるテア・シュテーゲンはリーグ戦でも安定したパフォーマンスを見せているとされ、チャンピオンズリーグでの経験も豊富だ。とりわけその攻撃的なポジショニングと足元の技術に定評がある。バルセロナのように常にボールを保持し高い守備ラインを保つチームで、攻撃の起点にもなる確かな足元の技術と、その守備ラインの裏の広大なスペースをカバーするポジショニングは貴重とされ、更にその守備ラインが破られた折に頻繁に発生する1対1の状況にも冷静に対処する。

ドイツ代表においても、テア・シュテーゲンは昨年のコンフェデ杯以降は非の打ち所がないと言えるほど安定したパフォーマンスを見せており、今やロシアW杯で彼がノイアーの代わりにドイツ代表のゴールマウスを守ることに不安は全く感じない。しかし、それでもノイアーが万全の状態でW杯に間に合わせることが出来るならば、その能力は疑いの余地なく世界ナンバーワンと言える。どちらを正GKにするか、少なくとも現時点では非常に判断が難しくなってきた。