ドイツ代表史上最低の試合 : EURO2000グループリーグ、ポルトガル戦

私の中では1998年から2006年ドイツ代表は低迷期にあり、現在では考えられないような惨敗を幾つも喫してきた。その中でもまさに「どん底」と呼べる試合がある。それがEURO2000のグループリーグ最終戦であるポルトガル戦だ。

1998年フランスW杯ベスト8でクロアチアに敗れたのち、既に高齢化していたドイツ代表はチームの再構築に迫られた。これは一旦は監督のフォクツが続投という形で進められたが、同年の9月にフォクツは国内のプレッシャーに押しつぶされる形で監督を辞任した。新監督探しは難航を極め、結局リストの8番手であったエリッヒ・リベックに決定した。

次なるビッグトーナメントであるEURO2000に向けてリベックは1998年W杯で主力になったハマン、イェレミース、ヴェアンスなど20代の選手に加えて、39歳のマテウスを再びリベロとして招集し、キャプテンにはFWオリヴァー・ビアホフを据えた。

しかし、この時のドイツでワールドクラスと呼べるのはGKのオリバー・カーンのみで、フィールドプレーヤーのレベルの低下は著しかったと言える。ドイツ代表の監督探しが難航を極めたのも当然といえるだろう。それでもドイツは苦戦しながらもEURO2000の予選でライバルのトルコを振り切って1位通過した。

本戦に臨むドイツは34歳ながら未だドイツ屈指のゲームメイカーであるヘスラー、ドイツサッカーの救世主とも言われた期待の若手ダイスラーを直前に招集し攻撃陣をテコ入れした。しかし、ルーマニア、イングランド、ポルトガルと同組になったドイツは初戦でルーマニアに低調な内容で引き分け、続く2戦目のイングランドには0-1で敗れてしまい、グループリーグ敗退の崖っぷちに立たされることになる。

そしてこのグループリーグ最終戦の相手であるポルトガルはフィーゴ、ルイ・コスタなどを擁する黄金世代であった。しかし、既に2連勝でグループリーグ突破を決めたポルトガルはKOラウンドを見据えてこのドイツ戦にはBチームを送り込んできた。

一方、キャプテンでエースでもあるビアホフを怪我で欠いているドイツはこれまでに無い布陣で臨んできた。ドイツの典型的な3-5-2のシステムではなく、4-2-3-1或いは4-1-4-1とも取れる当時のドイツにしては珍しいシステムだ。

4バックは右からレーマー、ノヴォトニー、マテウス、リンケで、典型的なサイドバックは存在しない。4バックだが、マテウスがリベロに3人のストッパーと言った方が正しいだろう。そして中盤の攻守の心臓部にハマンを配置し、中央やや攻撃的な位置にバラック、1,5列目にショル、FWに屈強なヤンカー、左右のウィングにそれぞれボーデ、ダイスラーを配置した。

ドイツはグループリーグ突破のためにはポルトガルに勝利するだけでなく、同時進行のルーマニアがイングランドに勝利した上で、更にそのルーマニアを得失点差で上回るという運も必要とする条件だった。しかし、相手のポルトガルはBチームであり、ルーマニアがイングランドに勝利するのも十分にあり得る。過去にドイツサッカーが見せてきた火事場の馬鹿力とも言うべき精神力を発揮し、是が非でも意地を見せてくれることを期待した。