満を持してW杯に臨むドイツの天才アタッカー、マルコ・ロイス

昨日、ロシアW杯に臨むドイツ代表の最終メンバーが発表された。レロイ・サネの落選といった若干のサプライズもあったが、概ね世間の予想した通りのメンバーが選ばれたと言える。確かに知名度から言えば、ドイツは例によってブラジルやフランス、スペインよりは劣るだろう。しかし、今回のメンバーはここ数年では最も若手とベテランが程よくミックスされ、各ポジションのバランスの取れたメンバー構成と個人的には思っている。

そして今回W杯に臨むドイツ代表の中でも私が最も注目し、その活躍を楽しみにしている選手がいる。それは29歳にして初のW杯に臨む天才アタッカー、マルコ・ロイスだ。

現在ドルトムントに所属するロイスは2011年にドイツ代表に初招集されて以降、ドイツ屈指の攻撃的MFの地位を揺ぎ無いものにしてきた。2列目左の位置から繰り出すそのスピード、テクニック、アイデア、キックの精度など、アタッカーとしての総合力で言えばドイツナンバーワンと言っても差し支えない程の実力を備えている。

しかし、ロイスは圧倒的な実力を備えながら、これまで代表としてW杯とEUROというビッグトーナメントには縁が無かった。

2011年、当時ボルシアMGに所属していたロイスはブンデスリーガで18得点、11アシストを記録し23歳の若さでドイツ最優秀選手に選ばれた。本来なら当時から直ぐにでも代表の攻撃的MFでスタメンで起用できるほどの実力があることは明らかだったが、翌年のEURO2012でレーヴはロイスではなく、チームの古株でもあるポドルスキを起用した。

しかし、この選択は失敗だったと言えるだろう。準決勝のイタリア戦、2列目の左でスタメン出場したポドルスキは完全に試合から消され、後半から交代で入ったロイスはそのスピードとテクニックでイタリアの守備陣を脅かす唯一の存在となった。しかし時すでに遅し。前半で2点のビハインドを負ったドイツは、試合巧者イタリアに完敗を喫する事になる。

初めからロイスを使っていればと嘆いても後の祭りで、レーヴが監督になって以降最も悔やまれる敗戦となった。これ以後、ポドルスキに代わりロイスがドイツ代表の2列目の左の位置にスタメンで定着する事になる。

2014年のW杯、既にドイツ屈指のアタッカーとしての実力と名声を確固たるものにしていたロイスは、代えのきかない絶対的主力としてW杯に臨むはずだった。しかし、ロイスは本番直前のアルメニアとのテストマッチで左足の足首に重傷を負ってしまい、メンバーを外れる事になる。これは本人にとっても、チームにとっても極めて痛い離脱だった。

ドイツは最終的にこの大会を優勝で飾ることに成功するが、ロイスの不運はこれで終わりではなかった。2014年の9月、ロイスはまたもや足首に重傷を負ってしまう。その後もロイスは復帰して圧倒的なプレーを見せたかと思えば、再び怪我をして離脱するという繰り返しが続くことになる。