人種差別を訴えてドイツ代表の引退を表明したメスト・エジルという社会問題

メスト・エジルがドイツ代表の引退を表明した。エジルは国内に大きな物議を醸したトルコ大統領エルドアンの会合、それに続くW杯グループリーグ敗退のスケープゴートにされる中、一人沈黙を保ち続けてきた。そして先週遂にエジルは長い沈黙を破り、一連の騒動に対する長い書簡を公表した。その3部に渡る長い書簡はトルコにルーツを持つドイツ人エジルの怒りと絶望感に満ちたメッセージであり、サッカー界を超えた大きな社会、そして政治的な問題に発展しつつある。エジルがドイツ代表を引退する理由を一言で言えば「人種差別」である。

これまでドイツ国民に多くの喜びをもたらし、ドイツサッカー史上でも最も才能に恵まれた選手の一人がこのような形で代表を引退するのはあまりにも惜しく、そして不幸な事だ。私はエジルの大ファンもあり、本当に残念でならない。

とにかく、この一連の騒動に関しては全てが最悪の展開に発展した。エジルのエルドアンとの会合は著しく軽率であり、それに対するDFBの対応も良くなかった。しかし、私はこの騒動のきっかけを作ったエジルが適切な説明をする事によって、多くのドイツ国民と和解できると考えていた。詰まるところ、エジルがドイツ代表で果たしてきた役割はとてつもなく大きく、国民に大きな喜びと夢を与えてきたサッカー選手だったからだ。

しかし、そんな私の希望はエジルの書簡を読んで見事に打ち砕かれた。エジルの言葉は、もはや失うものは何もない人間が綴る破壊的なものだったと言える。そこには、エジルが自らの行動を自省的に、批判的に見る視点は一切ない。エジルに言わせれば、エルドアンの件で批判されるのも、ドイツ代表の敗退のスケープゴートにされるのも、全てエジルがトルコ系であるからと言う理由だ。

もっとも、確かにそのような下劣な理由でエジルを非難する連中は存在する。移民とか外国人は、誰とは構わず全て頭が悪く犯罪をすると思っているような連中だ。ドイツ人が如何に否定しようが、ドイツの社会に差別がある事は紛れもない事実である。特にエジルのようなトルコ系、イスラム系移民は社会的に低く扱われており、エジルが受けた人種差別的な誹謗中傷は当然の事ながら、許される事ではない。


また、自らの母の教えを守り、自らのルーツの国に敬意を払った結果が、多くの誤解を生んだ事、そしてチャリティー目的の出身学校への訪問を断られ、信頼していたパートナーが去っていった事などは大きな同情に値する。グループリーグ敗退に関しても、チーム全体が酷かったにも関わらず批判が特にエジルに集中し、遂には本来エジルを守るべきDFBまでもがそれに同調の態度を公に示した事は、エジルにとって極めて不幸な事態だった。

しかし、これは常識で考えればわかる範疇だと思うが、決してエジルを批判している人間の全てが下劣で差別的な人間ではない。寧ろ大多数は人種差別を悪と捉え、エジルが心に2つの祖国を持つ事を理解している。その書簡を読む限り、エジルは何故多くの人にエルドアンとの会合が批判されているか理解していない。

多くのドイツ国民はエジルがトルコ系だから非難をしているのではない。エルドアンと言うドイツとは相容れない価値観を持った政治家と、選挙期間中、そしてサッカーW杯直前のタイミングで親交を深める事は「ドイツ」を「代表」する選手の行為として相応しくないと言っているのだ。そして、それについて納得のいく説明をするべきだと言っているのだ。社会を揺るがす大きな反応が出たのも、エジルが社会的にも極めて大きな影響力を持つドイツのスターであることの裏返しである。W杯の直前であれば、その影響力はどんな有名政治家、大企業、レジェンドよりも大きい。

エジルがエルドアンの件で自らを批判した人間を誰と構わず人種差別主義者のように考えている節があるが、それは余りにも世界や人間を単純化し過ぎている。そう言う意味では、外国人を一括りにして蔑み貶めている下劣な人種差別主義者と根底では変わらない。

また、テーマの背景、内容から言ってもこれは本来ドイツ国民に対するメッセージであるべきなのだが、エジルは書簡を敢えて英語で書いている。それにより「自分を批判する者は皆人種差別主義者」、もっと言えば「ドイツ人は皆人種差別主義者」のような誤解を招く世界観を世界中に拡散した。これも本人にその意思が無くとも、エルドアンとの会合と同様に、再び政治的プロパガンダに利用される。