2014年型に回帰し、フランスと互角に渡り合ったドイツ代表

ロシアW杯での史上初のグループリーグでの敗退、人種差別によるメスト・エジルの代表引退で揺れに揺れたドイツ代表は、木曜日に今年から新たに創設された大会、ネーションズリーグでフランス代表と対戦した。

当日はドイツ代表の再出発を観戦すべく多くの人がミュンヘンのアリアンツ・アレーナに詰めかけた模様で、夕方になると多くの他都市ナンバーの車を見かけ、アウトバーンはいつにも増して交通量が多かった。W杯、EURO以外でこれ程注目された試合は過去に無いと言って良いだろう。言うまでもなくフランスは先のロシアW杯の覇者であり、ドイツ代表はこの最強の相手を前にして、是が非でも国民に対しW杯とは異なる姿を見せなければならない。

この試合に際してまず最も注目されたのが、ヨアヒム・レーヴがどのようなメンバー、そしてシステムで試合に臨むかという点であった。レーヴは既に公表したW杯の分析において、頑ななまでに拘ったポゼッションサッカーが間違いであった事を認め、更には自らが傲慢であったとさえ言い切った。そして、ブラジルW杯で優勝した2014年の戦術が最も攻守のバランスが取れた状態であったとの結論を下していた。

そして、そのレーヴの分析通り、ドイツ代表はまさに2014年の形に回帰した選手構成、そしてシステムでこのフランス戦に臨んだ。つまり、4バックの4人をを全てセンターバックで固め、守備的なMFを中盤の底に1人配置した4-1-4-1或いは4-3-3とも言えるシステムである。そして、この中盤の底にはこれまで右SBを務めていたキミッヒが入った。2014年も当時右SBであったラームがこのポジションに入ったので、そういう意味でもまさに2014年を想起させる布陣だ。

GKはノイアー、4バックは右からギンタ―、ボアテング、フンメルス、リューディガー。先に挙げたアンカーの位置に入ったキミッヒの前には、右からミュラー、ゴレツカ、クロース、ヴェルナーが入り、1トップにはロイスが入った。

ヴェルナーが2列目左に入ったのは、ロシアW杯のスウェーデン戦である程度機能することが判明したのが理由だろう。しかし、ロイスの1トップはやはり苦肉の策だ。ドイツには残念ながら優秀なFWが枯渇している。その中でドイツで敢えてFWが出来そうなのは、アタッカーとして最もオールラウンドかつ高い能力を持つロイスであろう。

試合が始まると、やはり例によってボールを支配するのはドイツだ。ドイツは以前のような極端な攻撃偏重のスタイルではないものの、やはりクロースを中心としたパスワークから試合のリズムを掴んでいく点は変わっていない。また、フランスも高い個人能力による強力なカウンターを得意としているチームであり、そのような展開になるのは必然と言えるだろう。

但しドイツはフランスのカウンターをかなり警戒しており、無理にリスクを冒すことなく慎重に攻めていく。中央からの突破やコンビで崩そうとする場面は少なく、安全なサイドからクロスを入れていく攻めが殆どだ。そして、ボールを奪われれば前線の選手が積極的に守備に参加し、フランスに攻め手を与えない。これはロシアW杯には見られなかったポジティブな点だ。

ドイツは前半の終盤までフランスのシュートを0本に抑え、守備に関しては非常に安定した試合運びをみせた。しかし、守備を重視した布陣、意識のせいか攻撃力はかなり削がれており、決定的なチャンスを得るまでには至らない。やはり急造である両SBの攻撃力の低さが目立つ展開であり、中央でも期待の若手であるゴレツカが連携プレーに上手く絡めない。

前半も終盤になると、フランスがやや前線のプレスから攻勢をかける時間帯が出てきた。ムバッペ、グリーズマン、ポグバらの驚異的な個の能力を持つフランスは意外性に満ちた攻撃を仕掛けて来る。攻めている時間帯こそドイツより少ないが、攻撃における危険度は上回っている感がある。

後半の立ち上がりからペースを掴んだのはフランスだ。フランスは前線のプレスから高い位置でボールを奪い始め、ドイツの守備陣は後手に回る場面が散見されるようになる。49分にはグリーズマンがフリーでPA内やや右から強烈なシュートを放った。これはノイアーの正面で事なきを得たが、64分には再びグリーズマンがゴール正面やや左から狙いすましたミドルシュートを放ち、これはノイアーが横っ飛びで間一髪失点を免れる。

しかし、ドイツはこのピンチから素早い好守の切り替えで右サイドを崩し、ロイスがゴール正面から決定的なシュートを放った。これは相手GKの好守に阻まれたが、ここからドイツが攻勢に出る。ドイツはカウンターからフンメルス、コーナーキックからギンターが立て続けに決定的なチャンスを得るなどして、得点は時間の問題かと思わせる程フランスを劣勢に追い込んだ。70分以降は完全にドイツのペースだったと言えるだろう。しかし、結局得点を奪う事が出来ないままペースは次第に落ちていき、試合は0-0のまま終了した。