ブンデスリーガがプレミアリーグに挑む、UEFAチャンピオンズリーグ16強

2月も半ばに入り来週からチャンピオンズリーグのKOラウンドが開始する。近年FCバイエルン以外は鳴かず飛ばずだったチャンピオンズリーグも今年はドイツからバイエルン、ドルトムント、シャルケの3チームが16強に進出した。

しかしこの3チーム、いずれもかなり厳しい対戦相手を抽選で引き当てている。即ち、バイエルンはリバプール、ドルトムントはトッテナム、シャルケはマンチェスター・シティと対戦する。ブンデスリーガvsプレミアリーグという構図になった。

私としては当然ブンデスリーガ勢の勝ち抜けを希望するが、少なくともシャルケはまず勝ち目が無い。1stレグがホームなので2ndレグに数字上望みを繋げるような試合ができれば、それで御の字だろう。注目に値するのはバイエルンvsリバプール、ドルトムントvsトッテナムだ。

まず来週トッテナムと対戦するドルトムントだが、よりによって現在今シーズン最大の試練と言って良い状況に晒されている。最大の懸念はここまで圧倒的な実力でドルトムントを引っ張ってきたロイスが怪我で出場が危ぶまれている事だ。

ロイスは先週の火曜日に行われたDFBカップのブレーメン戦で内転筋を痛めて途中交代を余儀なくされ、ドルトムントはこの試合PKで敗れた。更に昨日のホッフェンハイム戦もロイスは欠場し、試合は3点を先制しながら試合終盤に同点に追いつかれ、そのまま引き分けた。精神的に負けに等しい引き分けと言えるだろう。

ロイスはその圧倒的な実力の反面、異常に負傷の多い選手として認知されている。今年はこれまで例外的に負傷無しでここまで来たが、ロイスが再び長期的に離脱するようであれば、ドルトムントがトッテナム相手に勝ち抜けるのはかなり厳しいと言わざるを得ない。

ここまでロイスの怪我の程度は全く公にされておらず、ロイスがアウェイの1stレグに間に合うかは不明だ。両チームの戦術および試合の展開に大きな影響を及ぼす選手だけに、ロイスの状態が不明なのは多分に情報戦の意味も含まれているだろう。

もっとも現在ケインとアリを欠くトッテナムも万全の状態では無い事が予想される。ドルトムントはアウェイの1stレグで定石通りアウェイゴールを最小限に抑えれば、遅くとも2ndレグでロイスが復帰すれば望みはある。

私はロイスはどんな強敵が相手でも試合を決めることの出来る実力を持った選手だと高く評価しており、負傷が深刻なものでない事を願いたい。最終的にドルトムントの浮沈はこのロイスの復帰、そしてその出来にかかっていると言っても過言では無いだろう。とはいえ、まずチームとしては1stレグに向けて昨日終盤に3失点した守備陣の立て直しが急務だ。