アーミン・ラシェット、突如脚光を浴び始めたドイツの次期首相候補

テューリンゲン首相選挙でCDUとFDPが極右AfDと手を組み、国内が大騒動になった事を前回記事にしたが、今週更に大きな余波がドイツ政界を襲った。CDUの党首であるアンネグレート・クランプカレンバウアーが党首を辞任し、メルケルに次ぐ次期首相候補にも立候補しない意向を明らかにした。

クランプカレンバウアーは元々首の皮一枚の僅差で党首に選ばれており、党内で盤石な基盤を持っていたとは言い難かった。更にその後も要所で失言を繰り返し、元々トップとしての資質に大いに疑問符が付いていただけでなく、絶対にAfDとは組まないと言う党の絶対的な指針をテューリンゲンであっさり自らの党員に覆された。完全にリーダーとしての威信を欠いた状態になっており、これが辞任の決定打になった。

ともかくも、CDUは新たな党首を決定し、再スタートを切らなければならない。ドイツ最大の国民政党の党首の椅子、つまりドイツの次期首相候補の椅子を掛けた争いが、急遽再び本格化したとも言える。

現在最も有力とされる候補は、前回の党首選で僅差で敗れたものの、現在圧倒的な人気を集めるフリードリヒ・メルツである事は議論の余地がない。しかし、一方で地味ながら突如脚光を浴び始めているもう一人の候補が存在する。それが現在ノルトライン・ヴェストファーレン州の首相であるアーミン・ラシェットである。

現在58歳のラシェットは中道保守政党として存在するCDUの中では一般にリベラルな政治家だと言われている。政策的にもかなりメルケルに近いタイプの政治家だと言えるだろう。ややずんぐりした体型に柔和な表情、如何にも温厚そうな外見が特徴的だ。痩せ型で背が高く、如何にも神経質そうなメルツとは正反対な印象を与える。

このラシェットの強みをFDPの副党首であるヴォルフガング・クビキに言わせれば、”Meister des Unverbindlichen”、日本語に訳せば「非結合の名人」である。言わんとしている事は、異なる政治勢力を一つに纏め上げる卓越した手腕を持っている事だ。

つまり仮にラシェットがCDUのトップで次の連邦議会選挙で勝利し、次のドイツ首相になるならば極右AfD、極左Linkeを除いたFDP、Grüne、SPDが同時に組み込まれた連立政権をスムーズに運営する事が期待される。

とりわけ、現状からい言えば、CDUの最大のライバルはGrüneである。両者の政策はかなり乖離しているので、通常なら連立は困難だが、ラシェットならそれを可能にするかもしれない。