ドイツ史上最高のオールラウンダー、バスティアン・シュヴァインシュタイガー

2013年にFCバイエルンでチャンピオンズリーグを制覇し、続く2014年のドイツ代表W制覇の立役者にもなったMF、バスティアン・シュヴァインシュタイガーがこの程引退を発表した。シュヴァインシュタイガーはこの2つのビッグタイトルのみならず、クラブレベルでは長年にわたりFCバイエルンの顔であり、ドイツ代表では歴代4位の121キャップを誇る。その実力から言ってもドイツサッカー史上でも偉大な選手の一人に数えられるだろう。そのキャリアを振り返ってみたい。

1984年生まれのシュヴァインシュタイガーがブンデスリーガでデビューしたのは若干18歳の2002年である。この当時、ドイツは深刻なタレント不足に喘いでおり、シュヴァインシュタイガーは早くもその2年後若干20歳でEURO2004のメンバー入りを果たした。当初は鋭いドリブルを得意とするサイドハーフとして専ら起用され、積極的に1対1を挑む果敢なプレーが印象に残っている。

シュヴァインシュタイガーはこれ以降、無回転のフリーキック、左サイドから切り込んでのミドルシュートなどのオフェンス能力に磨きをかけて2006年の自国W杯、EURO2008にドイツ代表の主力選手として出場した。しかし、この当時のシュヴァインシュタイガーには誰の目から見ても明らかな欠点が存在した。

それは一言で言えば、精神面の弱さだと言えるだろう。自らの思うように行かなくなるとしばしばラフプレーに走る場面が目に付いた。2006年W杯直前の日本との親善試合、後方から加地に卑劣なタックルを浴びせた場面は多くの日本のファンが記憶にしているのではないか。

またEURO2008グループリーグ第2戦クロアチア戦では、試合終了間際に相手を故意に突き飛ばし一発レッドで退場した。これは数試合の出場停止を覚悟すべき悪質なファウルでもあったが、ラッキーにも暴力行為とは認定されず一試合の出場停止で済んだ。この大会ドイツは準優勝したが、下手をすればこれでドイツの早期敗退の可能性があった。

もっとも一方で、調子の良い時は手のつけられない程の活躍をしたのも事実だ。代表的なのは2006W杯の3位決定戦では火の出るようなミドルシュートを2本決め、EURO2008準々決勝でも出場停止からスタメンに復帰し、1得点2アシストを決めてドイツの全得点に絡んだ。とにかく良くも悪くもムラがある選手であり、これが当時伸び悩んでいる大きな理由でもあった。

そんなシュヴァインシュタイガーが変わったのが、FCバイエルンに「劇薬」ルイ・ファンハールが就任してからだろう。ファンハールはシュヴァインシュタイガーをサイドハーフからゲームをコントロールする中盤の底へコンバートした。そして、シュヴァインシュタイガーのキャリアを振り返れば、まさにこれが転機になった言えるだろう。