AfDの中でも筋金入りの極右と呼ばれる政治家、ビィエルン・ヘッケ

2015年の難民問題以降ドイツで旋風を巻き起こし、以降も一定の勢力を維持している政党AfD(ドイツの為の選択肢)についておさらいしておく。このAfDの主な主張は、反外国人(特にイスラム)、反EU、環境問題は嘘、第二次世界大戦解釈の是正などと言ったところだろう。非常に下品かつ差別的な文言を駆使し、民衆の不満や負の感情を煽る事によって支持率を上げてきた。一般的にはかなりの保守、右寄りのポピュリスト政党と言える。

しかし、ドイツは知っての通り過去の戦争の歴史などから、このAfDは極めて問題視されている。そして、その中でも特に物議を醸す発言内容で注目を集めているのが、テューリンゲン州のAfDの代表、ビィエルン・ヘッケである。ヘッケは既に右派ポピュリストの枠を越えた筋金入りの極右政治家とドイツでは認知されており、今やヒトラーとなぞらえて評価される程までになった。

まず、このヘッケの第一印象であるが、如何にも冷徹、冷酷そうな風貌である。とにかく目が異様に青い。これは素ではないと思われるが、これだけで尋常でない威圧感を醸し出している。

また、ドイツで一般的に極右と言えば、スキンヘッドに長靴という風貌が定番であり、野蛮かつ暴力的な印象を与える。しかし、ヘッケの体格は細身で金髪、いかにも謀略を駆使しそうな悪代官のイメージがある。何やら見るだけで寒気がする印象だ。

そのヘッケであるが、最近再び物議を醸す行動で世間の注目を浴びている。ヘッケは10月末にテューリンゲン州の選挙を控えている事もあり、ZDF(ドイツ第二放送)のとある有名なテレビ番組でのインタビューに臨んだ。しかし、途中でこのインタビュアーと口論となり、最終的にインタビューを打ち切ると言う前代未聞の顛末を迎えた。

このインタビューでヘッケが執拗に質問を受けたのは、ヒトラーを意識していると言われるその言葉遣いについてである。

例えばヘッケはとある演説で”Lebensraum”という言葉を使ったそうだが、これは日本語で「生存圏」と訳されるヒトラーの東方侵略の根幹をなすキーワードである。これは一見すると何の変哲もない合成語だが、このようなナチス政権下特有の言葉はドイツでは基本タブーである。ヘッケはこのような言葉を敢えて頻繁に使用しており、ナチス思想への傾倒を疑われている。

もちろんヘッケは選挙直前の時期だけに過激な発言を控え、抽象的な話でお茶を濁していたのだが、ZDFのインタビュアーが余りにもしつこくこのテーマに拘るので徐々に苛立っているのが目に見える。そして、遂に同席したAfDのスポークスマンが痺れを切らした。TVでヘッケが感情的になる質問は止めて、インタビューを最初からやり直すべきだと訴えたのだ。

当然ZDFのインタビュアーはこれは前代未聞だと断り口論となった。AfD側としては、インタビューの内容が事前に聞いていた話と違うと捲し立て、インタビューのやり直しを強行に主張したが、ZDF側は質問の内容は事前の予告からも妥当だとして頑として譲らなかった。