FCバイエルン、衝撃的な弱さを見せたドルトムントを5-0で粉砕する

今シーズンのブンデスリーガもいよいよ佳境に入り、昨日はFCバイエルンとボルシア・ドルトムントの優勝を占う首位決戦がミュンヘンで行われた。今年はドイツ勢がチャンピオンズリーグで既に姿を消しており、ブンデスリーガのタイトルもやや色あせて見えるが、それでもドイツ版の「クラシコ」として注目に値する。前半戦が終わった時点では、ドルトムントがバイエルンに勝ち点6差をつけて首位で折り返していた。

しかし、そのドルトムントは2月にロイスが怪我で離脱すると失速し、一時はバイエルンに首位の座を明け渡した。一方のバイエルンも後半戦にやや調子を上げてきたが、前節で格下フライブルクにまさかの引き分けを喫し、再びドルトムントに勝ち点1の差で首位の座を明け渡している。まさに緊迫の展開になってきた。

そしてバイエルンのホームで行われるこの首位決戦、バイエルンは優勝の為には是が非でも勝利する必要がある。当然ながら現時点でのベストメンバー、中盤を支配する4-2-3-1の正攻法でドルトムントを押し切りたい。

一方のドルトムントやや奇策に出た。本来トップ下である大黒柱のロイスをワントップに据え、中盤に守備的なダフードを起用した。出場が予想されたゲッツェはひとまずベンチスタートである。FWのアルカセルを負傷で欠いているのもあるだろうが、明らかにリスク回避の意図が見て取れる布陣、メンバーである。確かに最終的に優勝する為には、FCバイエルンの攻勢が予想されるこの試合は引き分けでも御の字だ。

そして試合が始まるとやはり積極的に仕掛けるのはバイエルンだ。試合開始早々にコーナーキックからフンメルスがフリーでヘディングシュートを放つが、これは僅かに外れた。一方のドルトムントは6分にこの試合の趨勢を決定づけるビッグチャンスを得る。

左サイドをワンツーから突破したドルトムントは、ロイスが深い位置から中央へ完璧なグラウンダーのクロスを送り、ゴール正面フリーでダフードが決定的なシュートを放った。これはまさにドルトムントが意図した形の攻めであり、超のつく決定機だったが、ダフードはこれを右ポストに当ててしまう。

そしてこれ以降はバイエルンが一方的に試合を牛耳るワンサイドゲームが展開される事になる。まずは10分、再びコーナーキックからフンメルスがヘディングシュートを放ち、今度はこれが得点になり先制する。

更に17分、ドルトムントのCBザガドゥは自陣で横パスをレヴァンドフスキに奪われるという壊滅的なミスを犯し、これはそのままレヴァンドフスキがGKのビュルキをかわして自ら得点した。

これでドルトムントは完全に気落ちしたのか、この後はバイエルンがチャンスを雨あられの如く創出する状態となる。ドルトムントは2点ビハインドながら前線からのプレスもなく、更に後方は易々と中央からフリーのシュートを許すなど、やる気があるのか疑わしい状況に陥った。頼みのロイスは前線で孤立無援の状態となる。

そして41分にはマルティネスが早くもこの試合を決定づける3点目を奪い、更に終了間際にはニャブリが4点目を決め、アリアンツ・アレーナは完全な祭り状態となった。

試合を前半で決定づけたバイエルンは後半は完全な省エネモードにギアチェンジし、ボールを保持しながら試合をコントロールする。意地を見せたいドルトムントであるが、60分にゲッツェを投入するも全く活路を見出せない。それどころか終了間際に更に失点を許し5-0となった。

首位決戦というには余りにも一方的なスコア、そして内容でバイエルンはドルトムントを蹂躙し、再び首位に返り咲いた。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ