経済

経済

ロシアからのガス輸入ストップの場合、甚大な被害が予告されている

暴虐を極めるロシアからのエネルギー輸入を今すぐにストップしたいところだが、その場合来年の冬にエネルギー不足に陥る事が予告されている。特にガスに関して状況はかなり厳しい。
経済

ドイツ、2021年第四四半期マイナス成長で不景気に突入の恐れ

ドイツの昨年の経済成長率は2,8%となり、予想を下回る結果となった。特に第四四半期は0,7%のマイナス成長を記録し、更にオミクロン株の影響で今年の第一四半期もマイナス成長が予想されている。
経済

景気が足踏みする一方、物価上昇はますます加熱している

10月の物価は前年の同月に比べて4,5%も上がったが、その割には景気は良くない。ドイツ政府は今年の経済成長率の予想を0,9%下方修正した。現在はどこに行っても品薄状態で物が不足している。
スポンサーリンク
経済

ドイツ、28年ぶりの高いインフレ率を記録する

先の8月は物価上昇率3,9%を記録し1993年12月に記録した4,3%に次ぐ高いインフレ率を記録した。特にエネルギー、燃料の価格は昨年の同時期に比べて劇的に上昇に転じている。
経済

財務相オラフ・ショルツ、富裕税の導入に言及する

今回のコロナ禍においてドイツは過去に例を見ない経済的援助を国民へ施しており、このツケは必ず増税という形で帰ってくる。そこで財務相のショルツが再びぶち上げたのが、富裕税の復活である。
経済

コメルツ銀行、1万件の巨大リストラを発表する

ドイツ第二の規模を誇るコメルツ銀行が先週1万人と言う巨大なリストラを行う事を発表した。ドイツ国内に限ればこのリストラには3人に1人が該当し、支店の数もおよそ半分になる。
経済

遂に大部分が廃止された、旧東ドイツ復興の為の連帯税

新型コロナで各国とも過去に例のない程の出費を強いられていることは想像に難くないが、ドイツでは国民に対し過去最大級の減税が実施された。旧東ドイツ復興のための「連帯税」 „Solidaritätszuschlag“の廃止である。
経済

2021年ドイツ経済は回復するが、かなり先行き不透明

2020年のドイツ経済成長率は5,0%に落ち着き、リーマンショック時のマイナス5,7%ほど酷くはなかった。しかし、2021年の成長率は長引く新型コロナ規制で下方修正されており、先行き不透明感が強い。
経済

コロナ禍のドイツ経済はどうなっているのか

ドイツの新型コロナ情勢は過去最大とも言える難局を迎えつつあるが、一方で経済情勢は懸念されていた程深刻では無いことが窺える。ここは一気にシャットダウンで医療崩壊を防ぐ事に注力すべきだ。
経済

ドイツ最大の労働組合IGメタル、週4日労働制を提案する

現在ドイツのフルタイム労働時間は週5日、1日8時間である。しかし、コロナ禍を機にドイツ最大の労働組合であるIGメタルは週4日労働制度を提案し、労働相のハイルはこれを検討する意向を示している。