経済

経済

ドイツ、新型コロナ危機に過去最大の経済対策を決定する

新型コロナ対策で現在早急に必要とされているのが、雇用を確保し、国民の生活を破綻させないための経済対策である。ドイツは1560億ユーロの新たな債務を加えた史上最大の財政パッケージを決定した。
経済

遂にメルケルが介入に乗り出した、安すぎるドイツの食料品価格

ドイツの食料品価格は大手4社であるエデカ、レーヴェ、アルディ、リードルが異常な低価格路線を突き進んでおり、一般的な所得に対して異常に低い。この状況に農家や動物保護団体は不満を募らせている。
経済

EU、1セント、2セント硬貨の廃止を検討中

ユーロ圏の最少額貨幣である1セント、2セント硬貨であるが、その製造コストは膨らむ一方であり、この程廃止が検討されている。我々消費者にとっても、現金なら5セント単位の取引の方が煩わしくないだろう。
スポンサーリンク
経済

コメルツ銀行、コムディレクト銀行を完全吸収する事が確実となる

ドイツ銀行との合併を断念したコメルツ銀行だが、82%を所有するコムディレクト銀行を完全買収する事を明らかにした。これで国内4300の人員削減と200店舗の閉鎖が敢行され、“Comdirect“のブランドも消滅する事が濃厚である。
経済

旧東ドイツの人口は、1905年と同水準まで落ち込んでいる

1990年にベルリンの壁が崩壊して以降、ドイツの経済的な東西格差というのは縮まって来ていると言われてきた。しかし、実際には旧東ドイツの人口は減少を続けており、現在では1905年の水準まで落ち込んでいる。
経済

世界でも稀に見る、ドイツ人の貯金好きメンタリティ

空前の好景気が終わったとみられているドイツだが、財務相のショルツは2020年も7年連続で黒字財政を継続する方針を決定した。堅実かつ慎重なドイツ人は伝統的に貯金を好む事でも有名である。
経済

ドイツで驚異的な人気の調理マシン、テルモミックス

テルモミックスはドイツのフォアヴェルク社が製造する、料理に関するあらゆる機能を備えた万能調理マシンである。ドイツではステータスシンボルになる程人気があるが、日本での販売は撤退に追い込まれている。
経済

家賃高騰の一因として問題視される、Airbnbの民泊仲介ビジネス

インターネットで民泊を仲介するビジネスで世界的に拡大しつつあるAirbnbであるが、欧州の都市部で問題視されている。旅行者に高額で住居を貸す結果、現地の人々の住居が不足し、賃貸価格の高騰を招く一因になっているとされる。
経済

ハードブレグジットで考えられる、ドイツにとって厄介すぎる事態

ドイツにとってイギリスは国別で言えば5番目に大きな取引相手であり、ハードブレグジットの場合、甚大な経済的損失が出る事が予測されている。輸出大国ドイツにとって是が非でも避けて欲しい最悪のシナリオだ。
経済

長期間続いたドイツの好景気も終焉に近づきつつある

ドイツの好景気は既に36四半期続いているとされ、これは1970年以降最長に匹敵する。しかし、Ifo指数やドイツPMIの数値は低下しておりピークは過ぎた感がある。今年の経済成長率も1,8%から1,6%程度に下方修正された。