経済

経済

EU外から労働力を呼び込むべく、新たな移民法の枠組みが承認された

ドイツで以前から叫ばれている専門労働力不足の解決のため、EU外からの外国人にドイツでの就労の門戸が広がりつつある。近い将来、身近な職業でも外国で就職する事は特別な事ではなくなるだろう。
経済

積年のライバル、カールシュタットとガレリア・カウフホフが遂に合併する

カールシュタットとカウフホフはドイツに住んでる者なら誰でも知ってる超有名大手デパートだ。積年のライバルだった両者は手を組み、アマゾンをはじめとしたオンラインショップに立ち向かわなければならない。
経済

チームのブランド化を目論み、多くのファンを失ったドイツ代表

2015年以来ドイツ代表には“die Mannschaft“という公式な愛称がある。 しかし、このチームの人工的なブランド化でドイツ代表は庶民の手の届かない高額のプレミアム商品として売り出され、多くのファンを失った。
スポンサーリンク
経済

アメリカの関税措置で、ドイツ経済への悪影響が懸念されている

ドイツにとって不確定要素満載だったトランプが徐々にその本領をを現してきた。鉄鋼アルミの関税措置は直接の影響は少ないとされるが、間接的にドイツに悪影響を及ぼす可能性がある。
経済

ドイツを狼狽させている、トランプのイラン核合意離脱

イランはドイツにとって重要な取引相手だが、核合意離脱で事実上取引は不可能になり、深刻な悪影響が懸念されている。USドルが基軸通貨である以上、理不尽でもドイツはこのアメリカの指図に従う以外にない。
経済

ドイツ経済の最大のリスクは、専門教育を受けた労働力不足

以前として好景気が続いているが、一方で専門教育を受けた労働力不足のためドイツの経済成長率は年間0,9%損をしているとされる。この問題の解決は多くの専門教育を受けた外国人を受け入れる事で概ね一致している。
経済

アルディ、ベルリンで遂に賃貸用住居の建築に乗り出す

高騰する住居価格はドイツの大きな問題の一つだが、アルディがこの状況を利用して住居建築に乗り出した。その激安の賃貸価格にもかかわらず、既にアルディは利益が出るシステムを構築している事が窺える。
経済

2018年ドイツが国を挙げて推し進めたい、社会経済のデジタル化

2017年好調だったドイツ経済であるが、ことデジタル化に関して言えば遅れていると言われている。首相のメルケルは年越しのスピーチで「世界は私たちを待ってはくれない」と述べた。
経済

2017年のドイツで最も印象に残った事は、記録的な景気の良さ

リーマンショック以降長期間続いている好景気だが、2017年はその勢いが更に増した1年だった。この好調な経済は来年も更に勢いが増し成長率は2,6%に達するとまで言われている。
経済

光ケーブルを推進しないブロードバンド後進国ドイツ

来た当時から感じていた事だが、ドイツはインターネットの速度が遅い。光ケーブルを普及させたいところだが、ドイツテレコムが従来の銅線を利用したVDSL2-Vectoringで市場独占を目論んでいる。