サッカー

サッカー

ドイツ最強の攻撃的リベロ、マティアス・ザマー

マティアス・ザマーは無尽蔵のスタミナと驚異的なスプリント力、高い得点力を兼ね備えた90年代ドイツ最強のリベロである。サッカー史でも数少ないDFとしてのバロンドール受賞者でもある。
サッカー

90年代ドイツ最高のストライカー、ユルゲン・クリンスマン

クリンスマンはドイツ代表108キャップ47ゴールを記録した歴代屈指のFWだ。その実力のみならず、爽やかな外見と数々の鮮やかなゴールで、人気と実力を兼ね備えたレジェンドである。
サッカー

ローター・マテウス 、ドイツ歴代最強のMFにして最後のリベロ

全盛期のローター・マテウスはあらゆる能力が世界トップクラス、完全無欠のセントラルMFだった。キャリアの後半はリベロにポジションを移し、40歳で引退するまで世界トップレベルで活躍した。
サッカー

ドイツ低迷期の大型ボランチ、ディトマール・ハマン

長身MFのハマンは堅実な守備と精度の高いキックを武器に、当時国外で成功した数少ない選手でもある。2005年リバプールでチャンピオンズリーグを制し、ドイツ代表でも59キャップを記録した。
サッカー

2021年のブンデスリーガ、CL、ドイツ代表の展望

今季のブンデスリーガもFCバイエルンの優勝でもはや決まり、CLではドイツ勢が復権しバイエルンには連覇の期待がかかる。一方EUROに臨むドイツ代表は期待薄だが、逆に重圧が少ない事が吉と出るか。
サッカー

NL6節:ドイツ、スペインに歴史的惨敗を喫する

好試合が期待されたNLスペイン戦だが、ドイツは1931年以来となる0-6の歴史的惨敗を喫した。スコア以上に内容は更に酷く、完全に烏合の集と化したドイツは2018年W杯に続くどん底まで突き落とされた。
サッカー

ドイツ、ゴレツカの活躍でウクライナに勝利する

新型コロナで試合開催が危ぶまれたウクライナ戦だが、ドイツは堅実な試合運びで3-1で勝利した。この日のドイツの殊勲者はレオン・ゴレツカ、2つの見事なアシストに豊富な運動量でチームに安定をもたらした。
サッカー

チェコ戦で期待を抱かせた、ドイツ代表の若手選手たち

チェコとのテストマッチでドイツは完全な若手主体のチームを送り出し1-0で勝利した。中でもボルシアMGに所属する23歳フロリアン・ノイハウスは出色の出来で、今後間違いなく注目を浴びる選手となるだろう。
サッカー

NL第4節:ドイツ、スイスに3失点するも引き分ける

ネーションズリーグ第4節ホームにスイスを迎えたドイツだが、久しぶりの4バックは壊滅状態で3失点を喫した。一方の攻撃陣は強力な個人技を活かして3得点を上げ、何とか引き分けに持ち込んだ。
サッカー

NL第3節:ドイツ、ようやくネーションズリーグ初勝利を飾る

冴えない試合が続くドイツ代表は満を持してFCバイエルンのメンバーが加わりウクライナと対戦し2-1で勝利した。ミスも多く決して良い出来ではなかったが、何がともあれ勝利した事は評価できる。