サッカー

サッカー

ミュラー、フンメルス、ボアテング、EURO2021ドイツ代表復帰なるか

来たるEURO2021に向けて5月19日にドイツ代表メンバーが発表される。ここで注目されるのが、一度代表をお払い箱となったミュラー、フンメルス、ボアテングが再び代表に復帰するかだ。
サッカー

バイエルンを去る意向のフリック、ドイツ代表監督へ最有力候補となる

FCバイエルン監督のハンジ・フリックが2023年の契約満了を前にして今シーズンでチームを去る意向を伝えた。これでフリックがEURO後の新たなドイツ代表監督となる可能性がかなり高まった。
サッカー

FCバイエルン、アウェイゴールの差でCL8強で敗退する

ホームの1stレグでパリSGに2-3で敗戦したFCバイエルンは2ndレグを1-0で勝利したもののアウェイゴールの差で敗退した。この日もネイマール、ムバッペにに翻弄され、敗退は妥当な結果だろう。
スポンサーリンク
サッカー

FCバイエルン、ネイマールとムバッペに翻弄されパリSGに敗北する

CL8強戦は昨季の決勝と同じパリSGが相手となった。圧倒的に攻め込み31本ものシュートを放ったバイエルンだったが、パリSGの圧倒的な個人能力の前にホームで2-3で敗れる痛い敗戦を喫した。
サッカー

ドイツ、ホームで北マケドニアに敗れる番狂わせを許す

楽勝と思われたW杯予選、北マケドニア戦でドイツはまさかの敗戦を喫した。かつてはどんなに出来が悪くとも、格下には絶対に取りこぼさない鉄板の堅実さを誇ったが、それも過去の話になった。
サッカー

ドイツ、キミッヒを起点とする攻撃でアイスランドに快勝する

カタールW杯予選がスタートしドイツは3-0で勝利して幸先の良いスタートを切った。特に中盤の底から数々の鮮やかなパスを通してチャンスを演出したキミッヒは別格の存在感を見せつけている。
サッカー

ローター・マテウス、新たなドイツ代表監督候補に取り沙汰される

ヨアヒム・レーヴの後を継ぐドイツ代表監督が誰になるか憶測が広まっているが、ここにドイツサッカー史でも3本の指に入るであろうレジェンド、ローター・マテウスの名前が取り沙汰されつつある。
サッカー

ヨアヒム・レーヴ、EURO2021を最後にドイツ代表監督を辞任する

16年間という長きにわたりドイツ代表の監督を務めてきたレーヴがついに退任を発表した。これはレーヴの英断であり、EUROに望むドイツ代表にとっても、国内のファンにとっても朗報だろう。
サッカー

ドイツで最も過小評価された実力派DF、アルネ・フリードリヒ

フリードリヒは守備のスペシャリストとしてドイツ代表82キャップを記録し、強豪国相手の重要な試合で実力を発揮した。多くの人に過小評価された選手だったが、00年代最高のDFの一人である。
サッカー

ドイツ最強の攻撃的リベロ、マティアス・ザマー

マティアス・ザマーは無尽蔵のスタミナと驚異的なスプリント力、高い得点力を兼ね備えた90年代ドイツ最強のリベロである。サッカー史でも数少ないDFとしてのバロンドール受賞者でもある。