ドイツ語

ドイツ語

ドイツ語の名詞の性は、どうやって覚えるのか

ドイツ語学習者にとって最も厄介なルールの一つに名詞の性が挙げられる。ドイツ語が外国語である限りこれを完全に覚えるのは困難に見えるが、ある程度の法則性が存在するので覚えておけば役に立つ。
ドイツ語

ドイツ語で忌み嫌われる「馬鹿のアポストロフィ」

ドイツ語では地名の短縮や一部の個人名の所有格以外アポストロフィを使用する事は稀である。しかし、世間では正書法を無視した使用も多く、これは「馬鹿のアポストロフィ」と呼ばれて揶揄されている。
ドイツ語

ドイツ語で普段使う時制は、現在形と現在完了形でほぼ足りる

ドイツ語は一般的に英語と似ているが、時制に関してはそれほど厳密ではない。過去形、過去完了、未来形、未来完了形を使う機会は少なく、殆どは現在形と現在完了形に時間を表す語句でカバーできる。
ドイツ語

2019年ドイツで最も醜悪な言葉は“Klimahysterie“

2019年最も醜悪な言葉は”Klimahysterie”という、地球温暖化対策運動に参加する人を揶揄する言葉となった。この"Hysterie"と言う言葉で地球温暖化対策に参加する者は全て「精神異常者」というレッテルを貼っている。
ドイツ語

2019年のドイツを象徴する言葉は”Respektrente”

2019年のドイツを象徴する言葉は"Respektrente"、"Respekt"は「尊敬」、"Rente"は年金を意味し、直訳すれば「尊敬年金」となる。ここ数年で先鋭化してきた年金受給者の貧困問題に関する言葉になった。
ドイツ語

ドイツ語で極めて重要な要素である、分離動詞の覚え方

ドイツ語には分離動詞という文中で動詞が二つに分裂する厄介なシステムが存在する。ドイツ語初級者にとって重要かつ最大の難関の一つであるが、コツを掴めば芋づる式に理解、表現力を増やす事が可能になる。
ドイツ語

2018年ドイツで最も醜悪な言葉は”Anti-Abschieb-Industrie”

ドイツではその年を象徴する言葉のほかにも、“Unwort des Jahres“と呼ばれる最も醜悪な言葉も選定される。2018年はCSUの大物政治家ドブリントが発した外国人の強制送還に関する言葉が選ばれた。
ドイツ語

2018年のドイツを象徴する言葉は”Heißzeit”

今年のドイツを象徴する言葉は"Heißzeit"に決定し、地球温暖化の影響を肌で感じるものとなった。今夏の異常な暑さを表現していると同時に、Eiszeit"=「氷河期」の対義語としての意味合いもある。
ドイツ語

ドイツ語を学ぶメリットは、明らかに以前より増している

ドイツ語を学習しても役に立たないと言われるが、昨今周辺国でドイツ語学習者は増えており、母国語としても国内でその価値が大幅に見直されつつある。ドイツ語圏を理解したければ、ドイツ語を学ぶべきだ。
ドイツ語

ドイツ語で重要な「理由」「因果関係」を説明する方法

仮に日本で言う屁理屈や言い訳だったとしても、理由を説明する事はドイツ人とコミュニケーションをする上で重要なポイントだ。この場合、接続詞"weil","da","denn"、前置詞"wegen"、副詞"deshalb"などを利用する。
タイトルとURLをコピーしました