鉄壁の守備を見せたFCバイエルン、アウェイの1stレグを無失点で切り抜ける(CL16強リバプール戦)

火曜日はCL16強注目の一戦、FCバイエルン対リバプールが行われた。2010年以降、CL上位進出の常連となったFCバイエルンだが、今期はブンデスリーガでもたついており、往年の強さはもはや無い。更にこのところブレイクしつつあるレオン・ゴレツカが負傷でメンバー入りを外れる事が試合前に明らかになった。

一方のリバプールは昨年はCLで決勝進出まで漕ぎ着けており、今期はプレミアリーグでも首位につけている。監督であるユルゲン・クロップが仕込んだ脅威のプレッシングからの高速カウンター、そして今や世界最高レベルのFWモハメド・サラーを擁するその実力は現時点で世界トップである事は間違いない。

リバプール優位は動かないと見られるこの16強戦、バイエルンは何とかアウェイの1stレグを最小失点で切り抜け、ホームの2ndレグに望みを繋ぎたいところだ。しかし、同じような状況でトッテナムに挑んだブンデスリーガ首位ドルトムントは0-3で惨敗している。FCバイエルンにとってもかなり難しい試合になる事が予想された。

因みにこの試合、私は帰宅後に10ユーロするペイTV(オンライン)の1日券を購入して観戦しようと試みたが、余りのアクセスにサーバーはパンクしており、なんと前半40分からの観戦となった。

そして、やっと観戦に漕ぎ着けた私の目に飛び込んできたのは予想通り、モハメド・サラーを中心に猛攻を仕掛けるリバプールをバイエルンが必死の守備で凌ぐと言う展開だった。この時すでにバイエルンの守備ラインはかなり後ろまで下がっており、かなり危うい状況に見えたが、単発ながら逆襲に転じる場面もあり決して怯んではいない。

遡ってみたハイライトでもリバプールがサラー、マネがフィニッシュするチャンスがあった一方で、バイエルンも13分にニャブリのクロスからあわやオウンゴールかと思わせる決定的チャンスを得ており、ほぼ互角の展開である事を窺わせる。

後半が始まると、やはり高い位置のプレッシングからの速攻でリバプールが攻勢をかける。しかし、統制のとれたバイエルンの守備は全くと言って良いほど綻びを見せない。攻撃面ではさすがに単発の感は否めないが、キッチリとシュートまで持っていき、リバプール得意のカウンターを許さない。

極めて速いスピードかつ、局面で激しい競り合いが繰り広げられる世界最高峰のレベルの戦いが繰り広げられる。両チームのチャンスこそ少ないが、一瞬たりとも目が離せない。こんな試合が見られると知っているのなら、それはペイTVの1日券チケットのブッキングが殺到するのも当然だ。

バイエルンは79分にハメスがフリーで好位置からミドルシュートを放った一方で、リバプールは85分にマネが左サイドのクロスからのヘディングでノイアーを脅かした。しかし、後半を通じて言えばこれが両チーム唯一の決定機だったと言える。試合は両チーム無得点で終了し、バイエルンはホームの2ndレグに向けて望みをつなぐ事に成功した。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ