限界を露呈し、リバプールに完敗を喫したFCバイエルン

昨日は注目のCL16強、FCバイエルンvsリバプールを観戦した。この試合の注目度は極めて高く、ペイTVのSkyはオンライン観戦用のチケット申し込みは試合開始1時間前までという異例の制限を発表した。

実際に私も1stレグでは試合開始30分前ごろにチケットを申し込んだが、既にサーバーがパンクしており前半終了間際からの観戦になると言う辛酸を舐めた。しかし、両チーム無得点の引き分けながら見応え十分の試合であり、雌雄を決する2ndレグが更に白熱した試合になると言う期待は否が応にも高まっていた。

そして、この大一番を前にFCバイエルンは一気に調子を上げてきた。1stレグ直後のブンデスリーガではボルシアMGを5-1、ヴォルフスブルクを6-0で下し、遂にドルトムントを捉えて首位に躍り出た。とりわけ3位の難敵ボルシアMGに完勝したのは大きい。

ミュラー、フンメルス、ボアテングのドイツ代表戦力外通告は寝耳に水だったが、当初は勝つのは難しいと思われたリバプールを倒せる期待を抱かせるには十分だった。0-0で迎えたホームの2ndレグに小細工は要らない。真っ向勝負で勝利するのみだ。

試合が始まるとやはり雌雄を決する一発勝負だけあって両チームともリスクを冒さない慎重な立ち上がりを見せた。ボールを保持しパスを回しながら様子を窺うバイエルンに対して、リバプールは守備を固めてからカウンターを狙う。序盤はややバイエルンが優勢ながら、リバプールは20分あたりからその攻めを掌握して徐々に盛り返した。一つのミスが勝敗を決する神経戦の様相だ。しかし、先にミスを犯したのはバイエルンだった。

リバプールは前線やや左に位置するマネにシンプルなロングボールを送る。これを見張っていたラフィーニャのポジショニングは極めて悪く、ペナルティエリア外枠付近であっさりとかわされる。しかし、更に問題だったのはGKノイアーが無謀な飛び出しでボールを奪おうと試み、これもかわされて無人のゴールにボールを流し込まれた。ノイアーが飛び出さなければズューレがヘルプに来れる位置にいただけに、これは悔やまれるGKのミスとなった。

その後は当然バイエルンが同点に追いつくべく攻め込み、左サイドに張り付くリベリーの1対1に活路を見出そうとする。しかし、リベリーの突破は全盛期からは程遠く、相手の脅威になるどころかバイエルンの攻撃を停滞させている感がある。リバプールはモハメド・サラーも自陣深くへ戻って守備に参加し、全くバイエルンにチャンスを与えない。

しかし39分、バイエルンは素早いリスタートからニャブリが右サイドを突破し、そのクロスがマティプのオウンゴールを誘発し同点に追いついた。ボールを保持し試合を慎重にコントロールするバイエルンに対し、リバプールも明らかに守備を重視した前半だった。全体的にみればほぼ互角の展開で1-1で終了した。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ