ドイツ代表名勝負 : ヨアヒム・レーヴの奇策が裏目に出たEURO2012準決勝イタリア戦

今年2019年はEUROもW杯も無い奇数年のため、時間を見つけて過去に印象に残っているドイツ代表の試合を自らの記憶や映像を頼りに再び振り返ってみたい。まず2010年以降最も印象に残っている試合として、EURO2012準決勝イタリア戦を挙げてみたい。ビッグトーナメントでイタリアに勝利した事のないドイツだが、この試合に限っては圧倒的有利が囁かれていた。

2012年のドイツ代表は、サッカーの技術、プレーの美しさ、鮮やかさから言えば、私が見た中で過去最高のチームだった。メンバーの大半は2010年のW杯でブレイクした若手の黄金世代である。まずノイアー、エジル、ケディラ、ミュラー、ボアテング、バードシュトゥバーらは既にそれぞれ当時世界最高のクラブを争ったレアル・マドリードとFCバイエルンの主力にまで成長した。

これにラーム、メルテザッカー、シュヴァインシュタイガー、ポドルスキらの経験豊富な選手がチームを引っ張る。更に同シーズンドイツ最優秀選手に選ばれたマルコ・ロイス、ドルトムントで世界屈指の攻撃的CBに成長しつつあるマッツ・フンメルス、ドイツ屈指の才能と呼ばれたトニ・クロースとマリオ・ゲッツェが加わった。やや駒不足に見えるFWもベテラン、ミロスラフ・クローゼはイタリアで復活し、ドイツ屈指のポテンシャルを秘めたマリオ・ゴメスも27歳と脂の乗る年齢となってきた。

そして、このキラ星のごとく才能がひしめくメンバーで、ヨアヒム・レーヴは就任当初のカウンターサッカーから、2010年以降試合を支配するポゼッションサッカーへと舵を切った。

2017年11月に行われたオランダとのテストマッチでドイツはそのポテンシャルを遺憾無く発揮し、2010年W杯準優勝、EURO2012も優勝候補に挙げられていたチームをぐうの音が出ない程の完璧な勝利で叩きのめした。更に本大会でもグループリーグでオランダ、デンマーク、ポルトガルという難敵を相手に3連勝、準々決勝のギリシャ戦は4得点を叩き出し一気に調子を上げてきた。

ドイツの目標は明確だ : EURO2008、2010年W杯で辛酸を舐めさせられたスペインを倒し優勝する事だ。決勝戦には既にスペインが待っている。ドイツの前に立ちはだかるのは2006年の自国W杯準決勝と同じイタリアである。イタリアは初戦のスペイン戦以外は例によって冴えない内容ながら、少ないチャンスをものにする狡猾さと戦術的なクレバーさで勝ち上がってきた。

そして、この試合でまずポイントになったのがドイツのスタメンである。監督のヨアヒム・レーヴは4-2-3-1のシステムはそのままに、前の試合で4得点と爆発した攻撃陣の大幅に入れ替えを敢行した。即ちロイス、シュルレ、クローゼに代わりにポドルスキ、クロース、ゴメスを再びスタメンに復帰させた。

更にそれまで不動のトップ下だったエジルを2列目の右へ動かし、トップ下にはトニ・クロースを起用した。これにはかなり意表をつかれ、当初はその意図が不明だったが、それは試合が進むうちに徐々に明らかになる。クロースは中央でイタリアの心臓、アンドレア・ピルロを封じ込めるタスクを担っていた。