ドイツ、ホームでオランダに力負けを喫する(EURO2020予選)

金曜日にEURO2020の予選、ドイツ対オランダ戦がハンブルクで行われたので感想を記しておきたい。ドイツは予選段階でオランダと同組になっているが、2位以内に入れば本戦には参加できるので、この試合に敗れたとしても直ぐに予選突破自体が危うくなる訳ではない。

しかし、ドイツにとってこのオランダ戦は、現在の実力を把握し、EURO本戦を占う意味でも非常に重要な試合となる。言うまでもなく、この試合でオランダ内容で凌駕し勝利する事ができれば、優勝に向けて大きな弾みになる。

昨年行われたアウェーでの試合は、終了間際ゴールデンジョーカーとして出場したマルコ・ロイスの活躍で3-2で勝利した。ドイツはこの試合も昨年取り入れて以降機能している3-4-3のシステムを引き続き採用した。レロイ・サネを怪我で欠く以外は、概ね昨年と同じスタメンだ。

試合は、オランダが開始間際から激しいプレスをかけてくるが、ドイツは落ち着いてこれを凌ぐ。逆にドイツはボールを奪ってから縦に速い攻めでオランダゴールを脅かした。そしていきなり9分、オランダ守備陣の裏に飛び出したクロースターマンがGKと1対1となり、このシュートのこぼれ球をニャブリが決めてドイツが先制した。これは中盤の底からファン・ダイクの裏に通すキミッヒの見事な縦パスが起点となった。

その後も概ねオランダがボールを支配する展開が続くものの、ドイツは両サイド及びFWのスピードを活かしたカウンターで応酬する。42分にはロイスがクロースのパスから決定的なチャンスを得るが、これはGKに防がれた。結局、前半は1-0でドイツがリードして終了。しかし、直近の試合を見る限りドイツは後半にペースが落ちる。ロイスが決定的なチャンスを逃したのは痛い。

そして後半、予想通りオランダが攻勢をかけてきた。最初の10分程度はカウンターで応酬したドイツだが、次第にオランダの高い位置でのアグレッシブなプレスに対応出来なくなってくる。そして59分、オランダは左サイドからのクロスにデヨンクが飛び込み同点に追いついた。ドイツは右サイドの緩いチェックであっさりとクロスを許したばかりか、中央はほぼガラ空きというお粗末な守備で、これではノイアーもノーチャンスだ。

ドイツは61分、この日精彩を欠いたヴェルナーに代えハーヴァーツ、ロイスに代えてギュンドアンを投入する。オープンな展開を嫌ったレーヴが、中盤でボールキープし落ち着きを取り戻そうという意図が見える。ドイツは縦への速いカウンターから一転してポゼッションサッカーへ切り替わった。

しかし65分、コーナキックからファン・ダイクが打点の高いヘディングシュートを放ち、このこぼれ球の混戦からターがオウンゴールを献上しオランダが勝ち越す。ターは最初の失点でもまずいポジショニングで決定的なミスを犯しており、極めて心象が悪い。