オランダに勝利し、復活に向けて重要な一歩を踏み出したドイツ(EURO2020予選)

日曜日は注目のEURO予選、ドイツ対オランダ戦がアムステルダムで行われた。本来ドイツがいきなり予選でオランダのような強豪と対戦する事はあり得ないのだが、これも昨年の戦績が悪かったからに他ならない。ドイツは抽選で強豪国が入るポット1から漏れたからだ。そして、まさに現在新チームでスタートしたばかりのドイツにとってアウェイで戦うオランダは明らかに格上の相手になる。

もっとも、この予選自体は2位以内に入れば本大会への出場権を獲得できる為、仮にオランダに勝てずとも他の格下のチームに順当に勝てば問題はない。故にアウェイであっても過度に戦略的にならず、勝利するべく真っ向勝負する事が期待された。強豪相手に何が出来て何が足りないのか、若いドイツにとっては現在の力を測る絶好の試金石となる試合である。

注目のシステムおよびメンバーであるが、レーヴはまずシステムを再び昨年機能した3バックに戻し、更にここ数年見ることの無かった2トップを採用した。GKはノイアー、3バックは右からギンター、ズューレ、リューディガーの屈強なストッパータイプの3人。MFは右からケーラー、キミッヒ、クロース、シュルツ、その前方中央トップ下にはゴレツカを起用した。FWはニャブリとサネの2人だ。

やはり強敵オランダが相手という事で、まずは堅い守備から縦に速い攻めを意図しているのは明確だ。因みに、この試合スタメンが確実視されていたロイスだが、大腿部を痛めているとの事でベンチスタートとなった。

さて試合であるが、アウェイのドイツがいきなり鋭い出足でオランダのゴールを脅かし、早くも15分に先制する。左サイドをスプリントで抜け出したシュルツはクロースの縦パスを受けると、スピードに乗ったまま中央にグラウンダーのクロスを送り、これを受けたサネが冷静にゴール右隅に左足で決めた。オランダはサネに対応したデ・リフトが滑ってしまうという不運もあり、これを防ぐ事が出来なかった。

この後オランダは単発ながら2度のビッグチャンスを得るが、ノイアーの好セーブに阻まれ得点できない。そして更に33分、ドイツは追加点を奪う事に成功する。左サイドでロングパスを受けたニャブリ、そこに立ちはだかるのは現在世界最強のDFファン・ダイクである。

ここで果敢に1対1を挑んだニャブリは中央に切り込み、ファン・ダイクを振り切ってゴール右隅に見事なミドルシュートを決めた。この得点はさすがにオランダを意気消沈させたのか、ドイツが更に攻勢に出る。これは予想だにしなかった展開だ。

ドイツは縦にだけでなく横にも大きく広く、長短のパスを織り交ぜながらオランダを翻弄する。以前の4-2-3-1ポゼッションサッカーでは狭い位置を技巧を凝らしすぎて袋小路にハマっていたが、新たなシステムではこの点が大きく改善された。

ドイツは40分あたりに立て続けに試合を決める2度の決定的チャンスを得るが、これはシュートの精度が悪くゴールならず。しかし、試合は完全なドイツペースだ。オランダ監督クーマンの表情が全てを物語っているだろう。前半はドイツの2点リードで終了した。