ドイツサッカー史上屈指の名将に近づきつつある、ユルゲン・クロップ

今年のチャンピオンズリーグはドイツ勢は全て16強で敗退、ブンデスリーガこそ今日の最終節まで優勝の行方は分からないが、首位決戦でバイエルンがドルトムントを一方的な内容で蹂躙したことで極めて緊迫感が萎えた。つまり、私にとって今シーズンのサッカーはほぼ終わったコンテンツだった。

しかし今シーズンの佳境、チャンピオンズリーグの決勝を前にして一際脚光を浴びるドイツ人監督の存在を忘れてはなるまい。それは言うまでもなくFCリバプール監督、ユルゲン・クロップである。

クロップ率いるリバプールはチャンピオンズリーグ準決勝FCバルセロナ戦の1stレグを0-3で敗北し、敗退は決定的な状況になった。しかし7日に行われた2ndレグで4-0で勝利するという奇跡の大逆転劇で2年連続で決勝進出を決めた。

クロップは既にブンデスリーガで低迷するドルトムントを2年連続で優勝に導いた手腕を持ち、更には2013年に同チームをチャンピオンズリーグの決勝まで導いた。2015年にはプレミアリーグで中位に沈むリバプールの監督に就任、今年は1ポイント差で優勝こそ逃したものの、先に挙げたチャンピオンズリーグは決勝に進出している。

その実績だけでも、現代ドイツ最高の監督である事は間違いない。かつてドルトムントに所属した香川真司の恩師として、日本でも馴染みのある監督の筈だ。

まず、クロップの名前が取り沙汰されるようになったのは2000年代初めにFSVマインツの監督だった頃だろう。クロップ自身もこのマインツのDFで、どちらと言うと無骨なファイターだったそうだ。クロップは前任者の更迭を穴埋めする形で当時2部だったチームの監督となり、2003/2004のシーズンで悲願のブンデスリーガ昇格を果たす。更にその後2シーズン、ブンデスリーガ残留に成功する。

私の記憶が正しければ、マインツは一時的にブンデスリーガで旋風を巻き起こし、クロップの存在もこの時にクローズアップされた。当時からクロップは高い走力を基盤にした組織サッカーを試み、更にチームワークを非常に重視した事で知られている。

とりわけチームに連帯感を持たせる為に、チームをスウェーデンにサバイバルキャンプに連れていった事は有名な話である。選手たちはそこで魚を取り、火を起こし、野宿をして生活をした。どんな所でも生き延びれるのだと言う精神的な強さをチームに植え付けたかったからだそうだ。これだけ見れば古典的で泥臭いタイプの指導者に見える。

しかし、当然の事ながらクロップは戦術家としても優れている。ボールを奪われた直後、陣形を整える前に即座にボールを奪い返し逆襲に転じる戦術「ゲーゲンプレッシング」をドイツに浸透させたのは他ならぬクロップだ。

この戦術のオリジナルはペップ・グアルディオラ率いるFCバルセロナと言われるが、クロップはドルトムントの監督時にこれを自分流に進化させ成功を収めた。クロップはこのゲーゲンプレッシングからの高速カウンターを駆使し、2010/2011、2011/2012シーズンは圧倒的な強さでFCバイエルンを抑えてブンデスリーガ2連覇を果たしている。このクロップの戦術は当時のドイツにとって革命的であり、この時期はドイツサッカーがここ数年で最も隆盛した時期とも重なる。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ