ドイツ語で極めて重要な要素である、分離動詞の覚え方

ドイツ語には分離動詞という厄介なシステムが存在する。読んで字の如く、文中で動詞が二つに分裂するルールである。これはおそらくドイツ語初級者にとって最大の難関の一つであろう。そもそも動詞が分離しているので、辞書でその単語を探すのも難儀な事があるかもしれない。

例えば、”Ich höre mit dem Rauchen wegen meiner Schwangerschaft sofort auf” =「私は妊娠の為にすぐに喫煙を止める」という文があるとする。この場合、辞書で引かなければならないのは”hören”ではなく、”aufhören”と言う動詞である。見てのとおり、”hören” と”auf”が分離しており、面倒な事この上ない

しかし、残念ながらこの分離動詞は早い段階から避けて通る事は出来ない。と言うのも、ドイツ語で早くから知っておくべき重要な単語の多くが既に分離動詞であるからだ。先に挙げた”aufhören”=「止める」もそうだが、”anrufen”=「電話する」とか、”ankommen”=「到着する」、”absagen”=「断る」などの日常的に使う動詞も既に分離動詞である。

もちろん、自らが話す、書くといった表現する分には、似たような意味の非分離動詞を利用する事である程度は代用できる。しかし、分離動詞を使いこなせない限り表現、理解の範囲が著しく限定される。分離動詞の文法に関してはおそらく参考書やネットに多数説明がなされているので、ここでは掘り下げないが、単語の覚え方については私は自分なりの方法を持っているので参考までに紹介したい。

まず、ドイツ語の動詞は分離動詞に限らずan-, ab-, auf-, über-, durch-, um-, aus-, ein-, er-, ver-, zu-, unter-, zer-, be-, などといった前綴りにgeben, nehmen, gehen, kommen, stehen, sitzen,などの基礎動詞が組み合わさったパターンが多数を占める。

この前綴りの中では基礎動詞と分離するものと、分離しないもの、両方のパターンを持つものがあるので、まずこれは覚えておいた方が良い。まず何が分離動詞で、何が非分離動詞なのか区別する必要がある。例えば上記に挙げたものの中で分離する前綴りはan-, ab-, auf-, aus-, ein-, zu- であり、これらが頭にひっつく動詞が分離動詞となる。

そして、これらの前綴りにはそれぞれ特有の意味、或いはニュアンスがある。分離動詞とはこれらの前綴りの意味が基礎動詞の意味と組み合わさる事によって、新たな意味のある動詞が完成するという理屈でもある。

例えば分離前綴りan-には何か目的を絞って対象物に行動を起こし、その表面に接触する、或いは何かの行動を開始、スタートさせるというニュアンスを持っている。例えば思いつく限り以下のような動詞はこれでイメージしやすい。

“anfassen” =「触れる」
“anfahren”=「(乗り物で)到着する、ぶつかる」
”anbraten” = 「表面だけ焼く、あぶる」
”anbringen”=「何かを取り付ける」
”anbrechen” =「袋を開ける、ヒビが入る」
”angreifen”=「攻撃する」
”anfangen”=「始める」
”anlaufen”=「助走をする」
”anzahlen”= 「頭金を払う」
”anstoßen”= 「サッカーのキックオフをする」