フランク・リベリーの黄金ステーキ事件にみる、スター選手の社会的影響力

現在ブンデスリーガはウィンターブレイクにつき試合は行われていない。FCバイエルンは例によってアラブ首長国連邦のドバイに滞在し、来週から始まっる後半戦に向けてトレーニングを行なっている。真冬のドイツからいきなり夏みたいなドバイでトレーニングなど逆に体調を崩すのではないかと思うのだが、それは我々一般人が知らないビジネス戦略や政治的な決定があるのだろう。

それはさておき、そのドバイでFCバイエルン発の世間の物議を醸す事件が勃発した。今回の中心人物はベテランのフランス人選手、フランク・リベリーである。

リベリーはドバイでの滞在中とある高級レストランに招待され、その様子をインスタグラムに投稿した。そこでは金の衣を纏った巨大なトマホークステーキがリベリーの前に横たわっている。そしてそのステーキをサングラスをかけたコックが、これ見よがしの鮮やかな手つきで切り、お膳立てするというものだ。この黄金ステーキはおよそ1200ユーロ(15万円)との事だ。

勿論リベリーにしてみれば、この動画を投稿したのはファンサービスの一環でもあるだろう。我々一般人がお目にかかれないような珍しく高級な料理を食せるのも、金持ちの特権でもある。リベリーはそのサッカーの才能と努力で世界トップクラスの選手にまでなった。その金を何に使い、何を食べようがそれは本人の自由だ。

しかし、そうは問屋が卸さない。当然の事ながらこのリベリーの黄金ステーキを批判する人間は多く存在する。とりわけ、リベリーの母国であるフランスからの批判が多かった。私はフランス語は理解できないので、具体的にどのような批判があったのかはわからないが、概ねどのような内容かは想像がつく。

まずは、世界にはろくな食事が取れない程貧しい人々が多くいるのに、金に纏われた高級ステーキのお膳立てをネットに載せて自慢げに見せびらかすのは如何なものかという点だろう。それを自覚していれば、有名人がこんなステーキを食べてもわざわざネットに載せたりはしない。

更に考えられるのは、このステーキの料理としての価値である。とあるドイツの有名なコックはこの黄金のステーキを贅沢ではなく”armselig” =「みすぼらしい」と言い放った。金は人体に害のあるものでは無いらしいが、味も香りもなく、食材としての意味はその価格に比せば無いに等しい。ましてや、単に肉の衣にしてピカピカにするだけなど、見た目に利用するにしても芸術性も無く、料理としてのレベルは低い。それが唯1200ユーロという金額だけで、高級料理だと世間に持て囃されるなら、それは正しい見方ではない。むしろ精神的に貧しい。

いずれにせよ、リベリーが世界に名を轟かせる有名人である以上、どんな内容だろうがこの黄金ステーキを批判する人間は存在する。そして、当然のことながら、その中には妬みや嫉妬、八つ当たりや、逆恨みをするようなレベルの低い批判も存在する。残念ながらそれらを完全に封じることなど不可能だ。

そして、リベリーはこれらの批判に対し、予告をしたのち満を持してツィッターで反論した。もちろん、反論すること自体は何の問題もないのだが、問題はその内容に音声ならば「ピー」音が入り、テキストならぼかしが入る、最低レベルの下劣な放送禁止用語が含まれていたことだ。この為にリベリーは更に痛烈な世間の批判に晒されることになった。一部はリベリーをFCバイエルンから追放すべきだと言うものまである。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ