FCバイエルンを逆転優勝に導いた、遅咲きの名監督ハンジ・フリック

火曜日にブンデスリーガ第32節が行われ、FCバイエルンがヴェルダー・ブレーメンに勝利し8シーズン連続の優勝を決めた。去年あたりからブンデスリーガもバイエルン一強状態にやや陰りが見えてきただけでなく、今季に関しては打倒バイエルン一番手であるドルトムント大型補強を敢行しており、ここ数シーズンとは異なる拮抗した展開が予想されていた。

事実FCバイエルンは11月には監督のニコ・コバチを解任し12月には一時7位にまで転落するなど大苦戦を強いられた。しかし、この状態を立て直したのがコバチの後釜に就任したハンス=ディーター・フリック(通称ハンジ・フリック)である。フリックはコバチのアシスタントであったが、コバチの更迭に伴って監督に昇格という形になった。

そして、このフリックが就任後のFCバイエルンはブンデスリーガ史上最高の勝率を記録し、今シーズンも例の如くの優勝に漕ぎ着けた訳である。フリックは既に契約を2023年まで延長し、FCバイエルンはここ数年で懸案事項だった監督人事を願っても無い形で解決する事にも成功した。

このフリックであるが、1955年生まれの55歳、選手時代はFCバイエルンでプレーした事もある実力者であり、28歳の若さで引退後2003年に監督のライセンスを取得した。この監督アカデミーをフリックは同期でトップの成績で卒業しており、サッカー界では知る人ぞ知る人物であった事は間違いない。しかし、フリックがブンデスリーガの監督として表舞台に出てきたのは今季が初になる。

フリックの名が世間に知られるようになったのは、2006年にドイツ代表のアシスタント・コーチに就任してからであろう。その後ドイツ代表は順調に強化されていき、再び世界の強豪の仲間入りを果たす。そして、2014年W杯で遂に優勝した。

このW杯において有名な逸話が、フリックが監督のレーヴの意向に反してセットプレーを特に重要視し、トレーニングを主導した事である。事実ドイツ代表は2010年以降殆どセットプレーで得点する事はなく、あくまでも華麗なパスワークで相手の守備陣を崩す事に主眼を置いていた。

しかし、このフリックの慧眼により、ドイツはこの大会の全18得点中5点をセットプレーから決めた。特に準々決勝フランス戦のフンメルスのヘディングでの先制点、準決勝ブラジル戦コーナキックからミュラーの先制点は非常に大きかったと言える。

フリックはこの優勝でもってアシスタントコーチから退いたが、その後のドイツ代表はどうだったか。ヨアヒム・レーヴは再び華麗な攻撃サッカーに回帰し、セットプレーでの得点は殆どなくなった。それどころかEURO2016はマリオ・ゲッツェの偽9番に失敗し、2018W杯はポゼッションサッカーのドグマから脱却できずグループリーグで敗退した。

こうしてみると実は目立たないけれど、ドイツ代表においてもフリックの功績は非常に大きかったのではないかと思えてくる。フリックは長年レーヴの華麗な攻撃サッカーをサポートしながらも、その高い理想が絵に描いた餅にならないように腐心していたのかも知れない。少なくとも、2014年のドイツ代表の優勝において、フリックのセットプレーのトレーニングは確実にキーポイントになった。

その後フリックは現場から離れ、DFBのスポーツディレクターに就任、2017年にはフリックの地元でもあるTSGホッフェンハイムの取締役に就任した。つまり、フリックは監督として現場一筋の人間ではないという事だ。

更に個人的に興味深いのが、フリックは現役選手を引退した直後に自らのスポーツ店を開いて2017年まで経営を続けていた事である。スポーツ選手が引退後にこのようなビジネスをするのは珍しい事ではないかも知れないが、フリックはこの商売を家族経営で22年間続けていた。真剣にしなければ、そんなに長い期間店を続けることなどできない。開店当初は自らが店舗に立って接客もしていたそうだ。

本人の過去のインタビューや、その人を知る人の談話を調べてわかることは、フリックは誰からも好かれる気さくな性格で、地に足をつけた堅実な人物だと言う事である。長年世間の脚光を浴びる事はなかったが、こうしたさまざまな経験がフリックの人間性を育てた事は間違いないだろう。

そしてそのフリックが特に尊敬してやまない監督がユップ・ハインケスである。事実フリックは選手時代にハインケスの指導を受けており2度のチャンピオンに輝いている。特にその選手との接し方に非常に大きな影響を受けており、多くのFCバイエルンの関係者もフリックとハインケスが非常によく似たタイプである事を指摘している。

戦術的な面でもフリックは4-2-3-1のシステムで、攻守のバランスの取れた、非常に堅実なサッカーを実践している印象を持っており、この点でもフリックは非常にハインケスに近いと言える。今季はチャンピオンズリーグが新型コロナで中断されているのでちょっとサンプルが少ないが、7月4日にDFBカップの決勝があるので、フリックがこの重要な試合でどんな采配を見せるか注目したい。