ヨーロッパで最悪レベルと言われる、ドイツのモバイルデータ通信環境

最近ドイツでも新たなモバイルデータ通信システムである5Gが話題になっている。この超高速、大容量通信技術が本格的に実用化されるとなると、車の自動運転や遠隔医療など、我々の生活を大きく変革するようなサービスが可能になると言われている。ドイツが国を挙げて進める社会経済のデジタル化でも中心的な役割を果たすであろう技術である。

メルケルは昨年の年始スピーチで”Die Welt wartet nicht auf uns”=「世界は私たちを待ってはくれない」と述べた。その通りだろう。我々の生活を為すあらゆる分野においてデジタル化を推し進め、それを活用していかなければこの先の持続的な発展はない。

しかし、その意気込みとは裏腹に、ドイツのデジタル化は他国に比べて遅れを取っていると言われている。その象徴とも言えるのが、先に挙げた5G以前の4G、つまり我々が現在利用しているLTEの利用環境がそもそも劣悪なことが挙げられる。

昨年のドイツを象徴する言葉の第2位は”Funklochrepublik”だったが、これは電波の届かない地域の多いドイツの劣悪なモバイルデータ通信環境を揶揄した造語である。それだけ国民はこの状況を不快に感じていると言う事だ。国民がうんざりしているのは、遅延欠便を連発するドイツ鉄道だけではない。

更に、それがどの程度酷いかという事が他国との比較で明らかになった。これは連邦議会のGrüne(緑の党)が委託したもので、昨年の7月から9月までのヨーロッパ500万人の利用データを解析したものだ。

そして、それによるとドイツのLTEサービスエリアはヨーロッパでは下から3番目という結果か出た。これはヨーロッパの最貧国の一つと言われるアルバニアよりも悪い。このアルバニアよりも劣悪な環境と言うのはやはり少々衝撃だったらしく、様々なメディアでニュースとなった。因みに1位はオランダである。

オランダとドイツは両国ともモバイル通信はドイツテレコムが最大手なのだが、オランダでは既に90%の地域でLTEが利用可能なのに対して、本家ドイツでは75%しか利用できない。更にドイツでは2番手ボーダフォンは57%、3番手のテレフォニカ(O2)のLTEサービスエリアに至っては50%にも満たない。ヨーロッパ最大の経済大国がこれでは立つ瀬がない。

この状況には経済相のアルトマイヤーもかなり立腹の様子で、改善が無ければ通信事業者にペナルティを課す意思を新聞のインタビューで表明した。アルトマイヤーは11月のインタビューでもこの状況は技術大国ドイツの恥さらしであるとし、更に会話の途中で電波が切れるのが恥ずかしいから、他国の大臣とは外出中の車の中では電話をしないと述べている。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ