引越しのストレスで更新が滞ってしまった件

私事で恐縮だが、昨年よりさまざまな事情からずっと引越しを目論んでおり、何とか希望に沿った新しい住居を見つける事ができた。ここ数ヶ月更新が途絶えていたのはその為である。ミュンヘンで新たな住居を見つけるのが如何に難しいかは私も何度も記事にしており、これは実際に本当に骨の折れる作業だった。住居を見学に来た多くの候補者の中からわざわざ私を選んだ貸主が存在するなど、本当に信じられないくらいのラッキーだと言える。

しかし、当然ながら引越しは新たな住居を見つけて終わりではない。家具などの運搬設置、旧住居の解約、引き渡し、改修など、手間と金のかかる作業が山ほどある。これらのストレスが想像以上に大きかったので、備忘録としても記しておきたい。

まず、新たな賃貸契約にサインして直ぐに行うのは、旧住居の賃貸契約を解除する書面を貸主に送付する事であるが、これは後述する。取り敢えず、家具などを新たな住居に運ばなければならない。

これは当然引越し業者に頼む事ができるが、自分で行えば遥かに安く付く。ドイツは一般に日本よりもサービス料金は高いので、私は基本的に多少難しそうでも自分で出来そうな事は自分で行うようにしている。

そもそも、絶対に助けが必要なのは洗濯機や冷蔵庫といった大型家電やタンスやクローゼットなどの家具の運搬である。最低限これらの運搬に大型の車を借りて2人程度の助けを得れば、ひとまず何とかなる。車は知り合いを通じてカーシェアリングのバンを借り、手伝いは人材派遣会社が紹介してくれた学生2人が時給15ユーロで来てくれた。業者に頼めばおよそ800ユーロ程度が、総じてこれで半額以下になる。多少のアクシデントもあり疲弊もしたが、これはまあ総じて上手くいった。

しかし、大きな問題がまだ2つあった。一つは私の後に入る新たな入居者を確定させる事。もう一つは旧住居の改修作業である。

まず、旧住居への新たな入居者の確定であるが、これは一刻も早く確定、入居してもらう必要がある。何故なら基本的にドイツでの賃貸住居は、解約の書面を月末締め(正確には翌月の3営業日まで)に提出し、その3ヶ月後に解約が可能となる。例えば、10月末に書面を受け取って貰った場合、実際に解約となるのは1月末になる。つまり、新たな入居者がその間に見つからなければ、3ヶ月間旧住居と新住居をダブルで家賃を払うと言う悪夢のような事態となる。

私は昨今の情勢から言えば直ぐに新たな希望者が殺到し、すぐに決まるとタカを括っていた。まあ確かに応募者は殺到し、直ぐにでも入居したいと言う希望者は何人も居た。それこそ、現在一人部屋に数人で住んでいるような家族も何人もいた。ミュンヘンの賃貸住居事情が普通ではない事を実感したものだ。しかし、新たな入居者はなかなか決まらない。

そもそも、新たな入居者の決定権は私ではなく貸主にある。貸主にしてみれば、別に直ぐに新たな入居者を決めなくとも、3ヶ月間は少なくとも私からの家賃収入は確保されているので、慌てる必要はまったく無い。慌てて変な入居者に決めるよりは、散々選り好みをするのだ。結局2ヶ月分は家賃をダブルで払う羽目になった。1ヶ月間は仕方ないにしても、2ヶ月は想定外だった。

そして、ともかくも新たな入居者が決まってほっとしたのも束の間、次に問題となったのは旧住居の改修についてである。貸主が私の改修作業の出来にケチをつけてきたからだ。問題となったのは天井及び放射式暖房のペンキ塗りである。貸主はこれらの改修作業を退去までにやり直すか、1000ユーロ払うかの2択を私に迫って来た。