ペア・メルテザッカー、ドイツ史上屈指の知性派センターバック

ペア・メルテザッカーは言わずとしれたドイツ低迷期から復活期にかけての名DFである事に疑いの余地はない。クラブではドイツで通算291試合に出場し、2011年に移籍したイングランドの名門アーセナルではキャプテンを務めるにまで至った。ドイツ代表では2004年から2014年まで合計104キャップを記録し、W杯も制している。文句なしのドイツのレジェンドの一人に数えられるだろう。

しかし、このメルテザッカーの何が優れていたかと言えば、今ひとつピンとこないファンも多いのではないか。確かに198cmの長身で空中戦は強かったが、ヒョロっとした体格で、足は遅い。テクニックに優れていた訳でもなく、後方から特別優れた攻撃センスを発揮した訳でもない。単にサッカーの技術、アスリートの能力から言えば、特別な強さを持った選手ではなかった。

では、このメルテザッカーの何が優れていたかと言えば、一言で言えばその知性だと言える。事前に相手の攻撃を予測し、優れたポジショニングで常に相手の一歩先を行く。自らに不利なスピード勝負や1対1の状況を作らせず、味方と連携しながら、労せずして相手の攻撃を防ぐ事に非常に長けた選手だった。

それでいて、メルテザッカーの仕事は堅実であり、凡ミスが極めて少ない選手でもあった。相手の攻撃を淡々と防ぎ、ボールを奪えば難しい事はしない。確実に前方の味方へビルドアップのパスを出す。常に冷静かつ非常に集中力に優れた選手でもあった。

メルテザッカーはこのような地味なプレースタイルに加えて、基本的にセットプレー以外は攻撃にも参加しないので、全く試合では目立たない。しかし、この冷静かつクレバーなプレースタイルこそが、当初はそれ程注目されていなかったメルテザッカーの大選手としてのキャリアを開いたと言っても過言ではないだろう。

というのも、メルテザッカーが台頭してきた時期、つまりEURO2004で惨敗したドイツはサッカーの戦術面で大きな変革を迫られていた。このうちの重要なポイントに守備システムの変革が挙げられる。それまでのドイツでは基本的にマンマークの守備が基本であり、相手FWを追いかけ回し、激しいタックルでボールを奪う1対1に強いストッパータイプのDFが養成されてきた。確かに多くのチームがリベロを排した4バックを採用しつつはあったが、マンマーク重視の守備が本質的に覆されてはいなかった。

しかし、新しくドイツ代表の監督に就任したユルゲン・クリンスマンとそのアシスタント、ヨアヒム・レーヴはこのドイツ伝統のスタイルを真っ向から否定し、劇的な改革に着手した。1対1で強みを発揮する屈強なタイプよりも、ポジショニングに優れスマートにボールを奪い、即座に攻撃への切り替えを実現する新たなタイプのDFをドイツは必要としたのである。ここで抜擢されたのが、当時若干20歳のメルテザッカーだった。

そしてこれ以降、メルテザッカーは順調に成長しドイツ代表で欠かせない戦力として定着する事になる。クラブは2006年にハノーファー96から当時チャンピオンズリーグ常連のブレーメンへ、27歳となった2011年にイングランドの名門、アーセナルに移籍した。地に足を付けた、堅実かつ順調なステップアップを実現したと言える。

一方でドイツ代表ではここからフンメルス、バドシュトゥバーと言う若手が台頭し、メルテザッカーはEURO2012ではスタメンの座を明け渡す事になった。両者ともメルテザッカー同様、読みで勝負するであるタイプである事に加え、類まれなパスセンス、攻撃センスを持ったセンターバックだったからだ。確かに両者の才能はメルテザッカーを凌駕していたと言える。